可愛がられて人生終了!?お犬様病【後編】

ゆるふわ職場で「人生これでいいのかな」とぼんやり考えている瑠雨図(ルウズ)さんに、ずんずん先生が下した病名は「社会人お犬様病」でした。オフィス内でちやほやされるも、最後には不満が爆発して死に至る「お犬様病」には、はたしてどのような対処が有効なのでしょうか? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気の著者・ずんずんさんがお届けする、「社畜」必読の新連載です。


人生で 一度は行きたい ホワイト企業



ブラック企業の話題でニュースが埋め尽くされる昨今ですが、意外や意外、ホワイトな職場というものも存在するものです。

また、ブラック企業から普通の職場に転職した場合、体が過負荷に慣れているので、

何か物足りない……。

そんな可哀想な体になってしまった人も存在します。

仕事が単調でつまらないだとか、仕事が暇だといった悩みは、とても幸せな悩みです。

この暇な時間というのは、実は神様から与えられたボーナスタイムなのです。

このボーナスタイムを、何もせず、無為に過ごすこともできます。

待っていることも仕事のうちという人もいるかもしれませんが、それが許されるのは何もしなくてもぐんぐん会社が成長していた好景気の時だけです。

この世知辛いご時世、待っているだけで「自分が望むようなめっちゃ成長できる仕事」が降ってくるわけはありません。

ボーナスタイムは、この「成長できる仕事」をするための「準備」をする期間なのです。

つまりは自分の価値を上げるために、何ができるかを考える期間です。

しかし、自分の価値を上げるといっても実際に何をしたらいいか、わからない人がほとんどではないでしょうか。

何をすべきなのか、その答えを導き出すカギは、ズバリ「コミュニケーション」です。

オフィスの中と外の人と会話を重ね、自分に何が足りないのかを探していくという、自発的な行動が必要になるのです。

これをやらず、ただ漫然と「待ち状態」になっている人もけっこういます。

わかります。ぶっちゃけ、ぬるま湯のほうが気持ちいいんです。

下手に動くと、変な仕事が降ってくるかもしれない。その中には自分がやりたくないこともあるかもしれない。もしかしたら、とんでもない仕事だってやらされるかもしれない。そもそも自分から動くのがめんどくさい。今がいい感じなんだからこのままでいいじゃないか……!

そういった保身の気持ちが働いて、思考と行動が止まってしまうのがこの社会人お犬様病の正体です。

自分を守るため、みんなに可愛がられるかわいいワンちゃんとしてふるまい、漠然とした不満はあるけれど口には出さないで日々を過ごしていく……。

実際の犬の寿命は人より短く、いつだって私たちにこの一瞬が二度と来ない大切なものだと教えてくれます。では、あなたの場合はどうでしょうか?


ずんずん先生「どう? 私の完璧な処方箋は?」

瑠雨図さん「ワンちゃん……」

瑠雨図さんは、ずんずん先生の処方箋を読みながら、実家で昔飼っていた白い犬を思い出しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zunzun428 雪ならみんな読めばいい*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚ 3年以上前 replyretweetfavorite

chiyio1011 この記事の内容は、恐ろしいほど真実だと思います… (((( ;゚Д゚)))ヒマに身体が慣れると人は堕落するので。。 QT 3年以上前 replyretweetfavorite

nananagai_jp ボーナスタイムほし〜! 3年以上前 replyretweetfavorite

zunzun428 主人公の陽太くんはFランという誰にも求められていない設定がありますが後半もよろしくお願いします 3年以上前 replyretweetfavorite