どうやって本を売っていけばいいですか?【中編】

下北沢にある本屋B&Bで開催された書籍『欲望するインタビュー』『旅するカンバセーションズ』の刊行記念イベント。イベント後半は、著者である編集者の原田優輝さんと、『欲望するインタビュー』の編集担当であるP-VINE ・樋口聡さんがそれぞれの立場から、「本を売ること」をテーマに、内沼晋太郎さんに話を聞きました。

原田 第2部は、僕と、『欲望するインタビュー』の編集を担当して頂いたP-VINEの樋口聡さんのふたりで、内沼さんに「本を売ること」をテーマにインタビューしたいと思います。

樋口 よろしくお願いします。第1部のお話、とても面白く聞かせてもらいました。まさか印税を使って自費出版をするなんて、思いもしませんでした(笑)。はじめの頃、『旅するカンバセーションズ』もP-VINEから出そうという話もしたと思うんですが、それをあえて自費でやると仰っていて、この人は何だろうと(笑)。


(左)カンバセーションズ主宰の原田優輝さん。(右)書籍『欲望するインタビュー』の編集を担当したP-VINE・樋口聡さん。

原田 2冊同時刊行というのは話題性がありますが、ありがちとも言えるじゃないですか。それよりは、2冊の本をそれぞれ違う方法で出した方がやる意味があるかなと思ったんですよ。ただ、どちらにしろ言えることは、いまは本を売っていくのが難しい時代ということですよね。そういう時代だからこそかもしれませんが、出版社から取次会社を経由して流通に乗せていくという従来の方法を取らない小規模な出版社や自費出版、リトルプレスなどが多く見られるようになり、それをサポートする流通の仕組みや本屋さんなども増えているように感じています。そうした中で、いま本を売っていくというのはどういうことなのか、普段から出版業界と深く関わり、書店も営んでいる内沼さんの考えやアドバイスなどをお聞きできればと思います。

内沼 まず、いまの出版業界の状況をおおまかに言うと、大手を中心に電子書籍化が進み、売上の割合も高まってきています。その中で、このB&Bで紙の本を売っていて感じることは、出版社が普通につくった本よりも、取次を経由せず、直取引をしている小さな出版社や個人がつくった本が売れる傾向にあるということです。うちの場合は、わざわざここを目指して来てくださるお客さんが多いこともあってか、せっかくならアマゾンなどでは買えない本が欲しいという気持ちが働くんだと思います。

原田 それらの本には何か共通点はありますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

Series thumbnail 初回を読む
本を作って売るって、結局どういうこと? —原田優輝×内沼晋太郎対談

内沼晋太郎 /原田優輝

人気のインタビューサイト「カンバセーションズ」を運営する編集者の原田優輝さんが、『欲望するインタビュー』『旅するカンバセーションズ』という2冊の本をつくりました。出版社と自費出版それぞれから刊行された2冊の書籍の発売を記念して、下北沢...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

wakkyhr 今日公開した台北の田園城市的なやり方(明日、ツアー時のインタビュー記事公開予定)と近いように思いますが、日本だとどうなるか。 考え方を接続させる必要がありますな。 https://t.co/nAMvN0nH2s 約3年前 replyretweetfavorite

KikinoNatasyo 仏生山温泉の岡さんと私が対談した『旅するカンバセーションズ』。当店では20冊近くを既に売っております。 約3年前 replyretweetfavorite

QON_NET 書籍『欲望するインタビュー』『旅するカンバセーションズ』刊行記念イベントのレポート中編がcakesさんで公開されました。カンバセーションズ原田が、「本を売ること」をテーマに内沼晋太郎さん( @numabooks )に話を聞きました。 https://t.co/GEFCkt21Oh 約3年前 replyretweetfavorite

o2hi これ、面白い。この前の記事も。 本を作って売るって、結局どういうこと? ——原田優輝×内沼晋太郎対談 https://t.co/qZ4DWGGHMX 約3年前 replyretweetfavorite