なぜカンバセーションズを本にしたのですか? 【前編】

『欲望するインタビュー』『旅するカンバセーションズ』という2冊の書籍を刊行した原田優輝さんと、ブックコーディネーターの内沼晋太郎さんによる出版記念対談。イベント前半では、インタビューサイト「カンバセーションズ」が生まれた経緯や今回の書籍化の背景などについて、内沼さんが原田さんにインタビューしました。

内沼 今日は、P-VINEから『欲望するインタビュー』、自費出版で『旅するカンバセーションズ』という2冊の書籍を刊行した編集者の原田優輝さんと僕の間で、お互いにインタビューをし合うという2部構成でお話を進めていきたいと思います。「本を作って売るって、結局どういうこと?」というのが全体のテーマとして設定されていますが、前半は僕がインタビュアーとなり、今回の本づくりのお話を中心にお話を聞いていければと思います。

原田 よろしくお願いします。


ブックコーディネーターの内沼晋太郎さん。

内沼 この2冊の書籍は、原田さんが運営しているインタビューサイト「カンバセーションズ」から生まれたものですが、まずは起ち上げに至るまでの原田さんの経歴を教えて下さい。

原田 僕は高校生の頃、「i-D」や「DAZED & CONFUSED」といったイギリスのカルチャー誌が好きで、「DAZED」の日本版が創刊された頃に、学生インターンとして編集部で働くようになりました。そこで約2年間ほど働いた後にしばらく海外を旅して、帰国してからはフリーランスとして編集やライターの仕事を少しずつするようになりました。2007年には、以前からの知人で、現在ANSWRというデザイン事務所の代表をしている針谷建二郎さんと一緒に、「PUBLIC-IMAGE.ORG」というWebマガジンを立ち上げ、更新が終了するまでの5年間、編集長を務めました。その間に、数々のクリエイターにインタビューをしてきたことが、「カンバセーションズ」を始めるきっかけにもなりました。

内沼 「PUBLIC-IMAGE.ORG」がちょうど終わる頃に、「カンバセーションズ」をつくるという話をしてましたよね?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

Series thumbnail
本を作って売るって、結局どういうこと? —原田優輝×内沼晋太郎対談

内沼晋太郎 /原田優輝

人気のインタビューサイト「カンバセーションズ」を運営する編集者の原田優輝さんが、『欲望するインタビュー』『旅するカンバセーションズ』という2冊の本をつくりました。出版社と自費出版それぞれから刊行された2冊の書籍の発売を記念して、下北沢...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません