それでも僕は、外科医をやめない

恋も仕事も、「偶然」になんてうまくいかない 〜年始の処方箋〜

今年最初の雨月先生のエッセイは、偶然に起きた出来事を繋げていったら、不思議な感覚に襲われたことを発端に、自分の周りで起きることの必然性について、考察します。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今回は目出度く元旦の更新です。この連載も毎週の更新で無事、丸一年が経ちました。読んでくださる皆様のおかげです、ありがとうございます!

それでは今回は、年始にふさわしいお話をいたしましょう。
結論は、「恋も仕事も、すべては必然である」。いつもよりロングバージョンでお届けします。読み終わるまで平均約10分です。

ナースとの口論、ケーキを買う私

先日、年の瀬の手術室でこんなことがありました。

私は感染管理という仕事もしており、「どうやったら手術による感染が減るか」=「どうやったら手術で出来たキズが膿まずにすむか」を研究しています。その感染管理について、ある手術室のナース(オペ看と呼びます)とちょっとした口論に。手術中にガウンを脱いでから患者さんの肛門の洗浄をし、もう一度手を洗うか、ガウンを上に一枚着て洗浄をし、身体中に浴びた便とともにガウンを脱いで手術に戻るかについての話でした。

恥ずかしいことに、結果的には私の思い違いであったことが判明し、オペ看さんに謝りました。本当に悪かったなあ、と思いを巡らせながら病院内の売店で昼ご飯を買っていると、「クリスマスセール」の表示とともにケーキが並んでいました。そう、その日は12/25だったのですね。

そうかそうか。じゃあ謝罪ついでにケーキを買っていこう。そういえば昨日深夜の家路でもコージーコーナーで「残り三つです、お急ぎください」って言ってたな。そんな風に考えた私は、チョコと抹茶と(あとは忘れました)、売店にあった小さいケーキを三つ買って行ったんです。そして、口論中の彼女のキンキン声を思い出し「きっとストレスが溜まっているんだろ」と、[ストレス社会で闘うあなたに GABA]というチョコレートを追加でカゴに入れました。半分シャレでね。

そしてこっそりオペ看控え室の冷蔵庫に、「ゴメン」と書いた一筆箋とともに売店の袋を置いておきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Dickey244 10分かかるという事で後回しにしたけれど、読んで良かった。 4年弱前 replyretweetfavorite

nekomeishi4 「会うべくして会っている」そうだよなーと思う。▼ 4年弱前 replyretweetfavorite

monekomoneko 最近よく思うことがそのまま書いてあった。 4年弱前 replyretweetfavorite

mdjp014 「この世には偶然など無く、すべては自分が選択してきた結果の必然」 →「だから、起こっていることはすべて正しい」 →「なぜ今自分はこういう状況なのか」 →「どうすればいいのか」 @ugetsujiro https://t.co/5XrtoZa6YB 4年弱前 replyretweetfavorite