堀紘一(株式会社ドリームインキュベータ)vol.4 ひるまずに、一歩を踏み出せ。そこからすべてが回りだす

ドリームインキュベータ会長の堀紘一さんをゲストに迎えた対談シリーズも、今回が最終回。これからの日本企業、そしてベンチャーを立ち上げようとする若者には、何が必要なのでしょうか。本質的で、率直な堀さんの言葉が、日本を元気にしてくれます。

マーケティングで弱みを強みに変える

 先日、中堅企業の経営者に向けて講演したら、ある国民的な食べ物の調味料シェア80%の会社や、歯科医院で使われている口内の水を吸い込むバキュームの100%を供給している会社などが、たくさん参加してくれていて、うれしかったな。他の追随を許さないものをつくっている会社がたくさんあることを実感しました。これからのベンチャーにも、そういう存在を目指してほしいんですよね。

藤野 日本には、隠れた優良企業がたくさんありますよね。

 その上で、世界的に展開するなら、これからは技術とマーケティングを掛け算しないと成功しない。日本の家電メーカーは、技術に頼りすぎですね。このままじゃ、5年保つかどうかわからない。

藤野 厳しいご意見です。

 日本の家電メーカーは、特許数でいえば世界一かもしれないけれど、サムスンなんてもう特許をとる気もないですからね。何千人も社員抱えて、成功するかわからない研究開発に力を入れるくらいなら、他社の特許技術を平気で使っちゃう。それで裁判になっても、売上の一部を払えばいいでしょう、くらいに思っている。それよりも、安くて性能のいいものを、世界中でいち早く売る戦略を優先しているから。
 これが一番いい方法だとは言いませんが、日本の家電メーカーはもっとマーケティングに力を入れないとダメですよ。自動車は、まだマーケティングが優れているから、世界でも生き残れるかもしれない。肝心なのは、ノウハウであり、ブランドなんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask 13:38まで無料。 5年弱前 replyretweetfavorite

teru_a_key お、DIの堀さん。『サムスンなんてもう特許をとる気もないですからね。』  5年弱前 replyretweetfavorite

adelie33 FBで「ワンハンドろくろ」ってコメントと一緒に流れてきて爆笑した/ 5年弱前 replyretweetfavorite