当店のメンヘラ】カレーが飲み物なら、メンヘラは持ち物です【メニューはこちら】

メンヘラに単位が存在するとしたら、それは<重さ>! 1重(おも)から10重(おも)までのレベルのなかで、スイスイさんは8.5重(おも)にチーズトッピングぐらいだったとか。実はメンヘラは、相手を選んでメンヘラを爆発させるという傾向にあるそうです。軽め希望の男子、必読です。
cakesの姉妹サイト「note」とのコラボ企画「cakesクリエイターコンテスト」の入選者、スイスイさんの連載です。

カレーハウスCoCo壱番屋で、カレーの辛さを1辛~10辛まで選ぶように、メンヘラが飲食店で売っていたならば。そのメニューには、レベルを選ぶ単位として、1重(おも)~10重(おも)という表記が採用され、単位はやはり「重さ」になるだろう。

お客様としては、もう毎日身につけてるかどうかも忘れてしまうくらい「軽い」、1重を好むメンズもいるだろうし、逆に「重め」を好む人は「あー、僕いま、持ってる、すごいの持ってる、もうすごいの毎日持ち運んでる。ほんと重い。重い。重い。重すぎて腰痛いけど愛してる」くらいを求めているメンズも意外といるので、最初からこうしてレベルが指定できたらマッチングするのに!

でもたいていは、「え、僕(メンヘラと付き合う男子は大抵、公の場で一人称が僕)が注文したの、4オモですよね? ちょっとこれ、重すぎません?」って店員さんに聞く頃には実際7重以上によってトラウマ的悲劇が生まれている頃……!

でもそもそもメンヘラって、前回も言ってるように自分のことメンヘラって認識してないからまさか自分がCoCo壱のメンヘラページに並んでるって思ってもみないから、自分が何重(なんおも)なのかももちろんまったく認識してない。

「お客様、こちらで重さをお選びください」
「えっと、はい」

パラッ……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moe_sugano わたし・・・たぶん6重、、、(呆然)→ 6ヶ月前 replyretweetfavorite

minasuba_Re1 https://t.co/OVBz5jmqAc クソ笑った 10ヶ月前 replyretweetfavorite

sorinokoshi48 2人の間ではないけど、9重、あったねぇ笑 みんな、若かったねぇ笑 言うても俺もそれなりにメンヘラですけどねぇ笑 https://t.co/f0z1iLnR5M 1年以上前 replyretweetfavorite

10yama 具体的な人物を思い浮かべながら読むと趣深い https://t.co/xQljumgR50 2年弱前 replyretweetfavorite