心のベストテン

浜ちゃん」というアイコンが坂本龍一・小室哲哉・中田ヤスタカに曲を書かせた理由

2015年のシメとして“人にはそのタイミングで歌うべき歌がある”と、話を切り出した大谷さん。ここぞというタイミングでメッセージ性の強い曲を出したPerfumeときゃりーぱみゅぱみゅについて語ります。また、「浜田ばみゅばみゅ」こと浜田雅功さんが、あらゆる大物に曲を提供される理由を突き詰めていくと、結論は思わぬ方向へ……。 
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

変わりつつあるPerfume

大谷ノブ彦(以下、大谷) 2015年はいろいろあったけど、シメはこれを語りたい!

柴那典(以下、柴) お、なんでしょう?

大谷 ズバリ「人にはそのタイミングで歌うべき歌がある」という話です。結局、今年はそういうことを考えることが多かった。

 ほう。どういうことですか?

大谷 つまりその曲を歌う必然性があるタイミングがあるだろうという話で、最近のPerfumeを見ていて特にそう思うんです。

 あー、確かに、2015年のPerfumeはすごかったですね。最先端のテクノロジーで海外の人たちをあっと言わせて、ワールドツアーをまわって、結成15周年の武道館をやって。

大谷 『アメト—ク!』でも「Perfumeすごいぞ芸人」をやりましたからね。実は僕も出させていただいたんですけど、オンエア見たら結局ほとんどしゃべってなかった(笑)。

 えーっ!? 音楽について語る番組じゃないんですか!?

大谷 『アメト—ク!』は音楽について語る番組じゃないです!(笑)。まあ、僕は音楽について語る立場で出てたと思うんですけど、番組では残念ながら、コンポーザーの中田ヤスタカさんの話は一回も触れられなかったんです。
 で、僕が思ってるのは、実は最近のPerfumeは中田ヤスタカさんの書く曲がちょっと変わってきた、ということで。

 どう変わってきたんですか?

大谷 今までって、Perfumeの歌詞は「意味がないこと」が大事だったと思うんです。特にデビュー当時は、テクノポップというジャンルもあいまって、そういうロボットっぽい無機質なところに魅力があった。

 つまり、歌い手の人間性とか生き様を感じさせない曲が多かった。

大谷 そういう音楽をやりながら、MCは広島弁だし、しゃべってみたら人懐っこいというギャップもPerfumeの魅力だったんですよね。

 たしかに。「紅白歌合戦」で歌う「Pick Me Up」もそういうタイプの曲ですね。

大谷 でも、今は歌の中にメッセージ性が出てきている。今年に出た新曲の「STAR TRAIN」なんて、まさにPerfumeそのものを歌っているんですよね。

 「気付いてくれる人がいる 誰も見向きもしなくても 肩を組んで笑ってきた 僕らはきっと負けない」。これ、まさにブレイクまで不遇の時代が長かった彼女たち自身のストーリーですもんね。しかもこの曲がドキュメンタリー映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』の主題歌になっている。

大谷 そう。だからワールドツアーに密着したストーリーを観終わった後にぴったりハマる一曲になっている。ただ、「これでいいのか?」って思う人もいるんですよ。たとえば、近田春夫さんは『週刊文春』の連載「考えるヒット」の中で「こういうストーリー性のある曲って、そもそものPerfumeの魅力とは違う路線なんじゃないんじゃないか」って書いていて。

 なるほど。大谷さんはどう思います?

大谷 いや、僕としては、これこそが今のPerfumeが歌うべきことだと思っているんです。だから「人にはそのタイミングで歌うべき歌がある」なんです。

 つまり、ここぞというタイミングの歌があるんですね。

ポップは結果で、キャッチーは方法

大谷 これ、実はきゃりーぱみゅぱみゅも同じなんですよね。きゃりーちゃんは2015年のはじめに「もんだいガール」って曲を出したんですけど、これがすごくメッセージ性のある曲になっている。

 〈だれかを責めるときには「みんなとちがう」というけど 毎回「みんな」にあてはまる/そんなやつなんているのかよ〉。主張強いですよね。

大谷 最初は「つけまつける」とか「にんじゃりばんばん」とか深い意味や大きな主張がない曲を歌っていたのが、少しずつ変わってきた。これ、柴さんはどう思います?

 なぜPerfumeときゃりーぱみゅぱみゅの歌う内容が変わったについて、僕の中では一つの推論があるんですよ。というのも、プロデューサーの中田ヤスタカさんが以前に語っていたことで、すごく印象的なことがあって。「ポップとキャッチーは全く別の概念だ」と言ってたんです。

大谷 ん? ポップとキャッチーの違いですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

violetfield0411 さっきリツイートした心のベストテンの記事。途中から有料。 > 約1年前 replyretweetfavorite

toshi0104 #neta |心のベストテン|大谷ノブ彦/柴那典|cakes(ケイクス): 2015年のシメとして“人にはそのタイミングで歌うべき歌がある”と、話.. https://t.co/aifGW88yv2 約1年前 replyretweetfavorite

netalius69 #neta |心のベストテン|大谷ノブ彦/柴那典|cakes(ケイクス): 2015年のシメとして“人にはそのタイミングで歌うべき歌がある”と.. https://t.co/NnfEg7Vsyb 約1年前 replyretweetfavorite

hn_303909 結局、理由が分からなかった… 約1年前 replyretweetfavorite