特別編】もったいない男、雨月メッツェンバウム次郎

こじらせ男子 VS 元こじらせ女子。今回は年末特別編として、東京は西麻布で行われた「それでも僕は、外科医をやめない」の雨月メッツェンバウム次郎さんとの会食について、普段はパリ在住の中村綾花さんが振り返ります。たいへん魅力的なこじらせアラサー男子、雨月さんへの中村さんのフランス仕込のアンサーやいかに。

拝啓、雨月メッツェンバウム次郎さま

雨月さんのコラムを読んでいると、 別世界の人なのに、なんだか馴染みのある悩みを抱えていて、 他人ごととは感じられません。

「こじらせ」は私も十分経験者だからです。

恋や愛というのは、「こじらせ者」にとっては命がけ。 それに悩むというのは、ごく当然で大切なことだと思っています。

それなのに、日本社会では、「色恋にうつつを抜かす」という言葉の通り、人生の優先順位の上位にくることはよしとされない風潮がありますよね。

だから、恋に真剣に悩む雨月さんと会って話をしてみたいなと思っていた矢先、東京滞在の最後の夜にお会いできることになりました。

今回は雨月さんの「私は旦那にモテればいい。〜「世界婚活」中村綾花さんとの会食〜」へのアンサーとして、雨月さんとの会食を振り返る年末特別編をお届けします。

東京は西麻布、雨月さんと初対面

雨月さんが指定してくれたのは、私が独身だったら怖じ気づいて足が震えるような西麻布の隠れ家料理店でした。

木の香りが漂わんばかりの和式戸を開けると、そこにはマスクと手術着を脱いだ、1人の男性が出迎えてくれました。その第一印象はというと……。

全然イメージと違う!!!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 【特別編】 もったいない男、雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro 中村綾花@ayakahan https://t.co/hdedXIMWRZ お医者さんと結婚したい!って言ってる 僕の女友達が5人ぐらいいるから、 1人ぐらい紹介してやっても良いぞ。(上から目線) 2年弱前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、常識やぶりなパリジャンたちの素顔 2年弱前 replyretweetfavorite