今、タモリはあらゆることに対して無抵抗だ

故・ナンシー関さんの名連載「テレビ消灯時間」が1月1日発売の臨時増刊号『週刊文春Woman』でこのたび復活。それを記念してcakesに特別掲載いたします。今回は1995年に書かれた、芸能界の超大御所、タモリ分析です。ナンシーさん曰く「おもしろい事を言わない」タモリがなぜ、芸能界で余人に代えがたい存在にまで上り詰めたのか。タモリの不思議に迫ります。

タモリって、最近イイよね

タモリってさあ、最近イイよね。って「マルクス兄弟特集」オールナイト上映中の浅草の映画館ロビーでくつろぐ、バカお笑いマニアのような書き出しをしてみた。

「イイ」というのはあまりしっくりこない表現なのであるが、私のタモリ観はここ一年ほどで結構変わった。密室芸の達人として売り出し、その後、お茶の間の人気者へ、という経緯は、よく「“いいとも”でタモリは終ったね」とか「毒が無くなってつまらない」という定評につながった。でも、私はその「毒のあるタモリ」自体、あまり知らない。うちの田舎ではタモリがMCをしていたという伝説の「空飛ぶモンティパイソン」とかいう番組もやってなかったし、「うわさのチャンネル」だってやってなかったから。

“おもしろい事を言わない”タモリに怒りを覚えていた

だから私は「毒のなくなったタモリはつまらない」というのとは違う意味で、タモリをつまらないと思っていた。そのピークは六~七年前から二~三年前にかけてだろうか。「おもしろい事を言わない」ということに、怒りさえ感じていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スペシャル再放送】テレビ消灯時間

ナンシー関

39歳で亡くなった伝説のコラムニスト、ナンシー関さんの大人気連載「テレビ消灯時間」が1月1日発売の臨時増刊号『週刊文春Woman』で復活します。1993年から『週刊文春』で始まったこの連載で、ナンシーさんはテレビに蔓延する「もやもや」...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

hiratatomomi 無抵抗こそ世をけん引していると思う。 約4年前 replyretweetfavorite

shukan_bunshun 週刊文春Womanの記事を一部公開中! 約4年前 replyretweetfavorite

hori_kawa 終わった番組はあるにせよ、このスタンスは今でも変わらず。独自のスタンスは他の人が真似できない。ただただ、全てを受け止める。 約4年前 replyretweetfavorite