心がすり減る

2015年、最後の「ワイングラスのむこう側」。初対面の人と話すのって、なかなか疲れます。接客業や営業の仕事をしていると、毎日いろんな人に会わなければいけません。もちろん林伸次さんもbar bossaのカウンターで、月500人くらいの人と話しています。そんな人に会いすぎて疲弊した一年の心の疲れ、この記事を呼んで癒していってください。

知らない人に会うのは疲弊する

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。


先日、カウンターである女性から「男の生理」という言葉を教えてもらいました。

「男性って特に理由もなく『一人っきりでいたい』って言い出すときがあるじゃないですか。で、しばらくの間、放っておいて一人にさせておくと、また元に戻っていつものようにみんなとうまくコミュニケーションが取れるようになりますよね。あの『一人っきりになりたい期間』のことを『男の生理』って呼んでいるんです」

なるほど。確かにそういうことってありますよね。こういう感覚って女性にもあるとは思うのですが、やっぱり男性に顕著な感覚のような気がします。

僕たち人間はみんなと仲良くなりたいから、SNSやメールや手紙といったあの手この手を使った連絡をとって、たまには食事に行って、誕生日や盆暮れには贈り物を交換します。でもそれが時にはなんだか億劫になってしまって一人になりたいんですよね。難しい問題です。

僕はこのバーテンダーという仕事を始めて数年で気がついたことがあります。「人間って、知らない人に会いすぎると心がすり減ってくるんだ」ということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

natsukok89 心に、すーっと入ってきました。 “「人間って、知らない人に会いすぎると心がすり減ってくるんだ」” “「常に本気の感情のキャッチボール」を知らない人と繰り返していると、心にヒビが入って折れそうになったり” |ワイングラスの向こう側 https://t.co/j6zmowhFjd 8ヶ月前 replyretweetfavorite

hyakutaro_k いま、かみしめたいことば。 ⇨ 2年弱前 replyretweetfavorite

sheep_629 前にもリツイートしたけど、林さんの記事のなかでこれが一番好き。 約2年前 replyretweetfavorite

osmnkih つまりたんには男の生理がくる………https://t.co/P2ITb4PeIB 2年以上前 replyretweetfavorite