ケイクス通信

ケイクス通信2013年2月5日(火)号

今日の都内は、朝から電車の運転見合わせ・遅延のオンパレードで、おそろしいことになっていました……。朝からへとへとになったあなたも、週始めでまだまだスタミナがあるというあなたも、ケイクスのオリジナルコンテンツを読んで気合を入れてくださいね!

●連載

津田大介「Commitment2.0—そろそろコミットしてもいいんじゃないの?」
【第9回】津田さん、ウェブでどう世界は動くんですか? ①~津田大介×加藤貞顕 特別対談~
新刊『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)が評判になっている津田大介さん。今回、この本を書くに至った経緯に始まり、政策決定過程や日本の政治の問題点、また、津田さんが考える「ウェブと政治との関わり方」について、cakes編集長の加藤貞顕がお伺いしました。

山本一郎「赤い絨毯」
【第2回】母の面影

父親の転勤により、父と二人全国を転々としてきた「俺」。他人と関わるのが苦手で、人の心を敏感に感じ取ってしまう性質のため友だちができません。そんな「俺」に、ある日父は母方の祖母の家に預けると告げました。父に言われたとおり、一人電車を乗り継ぎ北国は秋田大曲に辿り着いた「俺」の見た景色とは……。

能町みね子「サンデー小町」
【第4回】なりおは長崎県五島列島の出身です。
日曜の午後、なりおの家に集まった3人。なりおの実家から送られてきた五島うどんやかんころ餅を食べて、こたつでグダグダしているうちに、なりおの彼氏を呼び出すことに……。めずらしく酔っ払ったしながわに大注目です!

May_Roma「世界のどこでも生きられる」
海外で働くのに必要なスキル【第10回】グローバル人材とはそもそも何なのか?

若者の雇用の悪化や大企業の凋落のニュースが流れている今日このごろ。「ノマド」や「社畜」という言葉に並び、「グローバル人材」なる言葉が大流行りです。世界をまたにかけて仕事をされてきMay_Romaさんが語る、正しい「グローバル人材」の姿とは?

青山裕企 meets 美少女図鑑「彼女写真 in 札幌」
【第5回】テレビ塔、その中へ
外からテレビ塔のかたちを堪能した後は、なかへ。展望台に上り、札幌の街の風景を眺めます。白くけぶった街のようすを「きれいだね」と笑う彼女の笑顔がまぶしくて外の風景よりも気になってしまいます。

藤野英人「イケてる経営者が日本を救う」
堀紘一(株式会社ドリームインキュベータ)vol.1 いい人生を送るには、偏差値よりもモテることが重要だ。

今回は、三菱商事、ボストン コンサルティンググループの社長を経て、55歳になってからドリームインキュベータを立ち上げた堀紘一さんがゲスト。60年代にアメリカの大学へ留学した堀さんは、大きなカルチャーショックを受けたといいます。若かりし頃の政財界の大物との、豪快なエピソードも必読です。

茂木健一郎・北川拓也「天才のつくり方」
【第14回】さまざまな国籍の人が、混ざり合う社会が心地いい。
日本とアメリカの間には、大きな不平等がある。それを是正するためにこそ、英語を習得する必要性を主張してきた茂木さん。しかし、それは時に「欧米礼賛主義者」だと批判されることもあり……。

岡田育「ハジの多い人生」
【第12回】愛とごはんと集中治療室
人生ソロ活動が得意と常々標榜され、強く生きているように思える岡田さんにも、昔の恋人たちを夢に見て、うなされることがあるといいます。岡田さんにとって恋愛とは? 愛することと食べることを結びつけながら、いろいろな思い出を振り返ります。

●ケイクスカルチャー

とみさわ昭仁
コレクション永久機関4 —コレクション永久機関
4回にわたって語られる、とみさわさんのコレクション魂。いよいよ、実際にモノを買い集めながらも永遠にコレクションを続けられる、驚きの方法が明かされます。「資金難」と「収納スペース」問題が一気に解決する裏技、あなたも試してみませんか?

●ショートショートケイクス

あっという間に2月! 土日はかなりぽかぽか陽気でしたが、今日は足下から凍えるような寒さです。明日は、成人の日の2〜3倍も雪が降るということで、いったいどれほどの寒さになるのか、想像するだにおそろしいですね……。

そんな心を温めてくれる、お燗のような連載が始まりました。

佐藤和歌子さんの「晩酌歳時記」です。
趣味は酒、特技はおいしそうに食べること、愛読書は飲食店のメニューと語る佐藤和歌子さんが、季語と俳句とお酒にまつわるショートコラムをお届けします。

毎週木曜日更新で季節にあわせて紡がれる、佐藤さんの俳句とコラムに、ついつい晩酌してしまう日も増えそうです。

そして、このコラムを機に、俳句を詠んでみるというのも楽しそうです!
編集Rが人生で詠んだことのある俳句は、「学食いてもひとり(自由律)」「オフィスいてもひとり(自由律)」の二つだけなのですが、この機会に歳時記を買って、脱自由律、脱非リアをしたいと思います!

いつまでも オチに悩むよ ケイクス通信  編集R

(火曜日担当・編集R)

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません