新訳 世界恋愛詩集

地平線」マックス・ジャコブ

画家であり、詩人でもあったマックス・ジャコブ。たった2行でありながら、絵画的な広がりを持つ彼の一篇「地平線」が菅原さんの超訳により現代に甦ります。
東京ミッドタウン「夜の読書館」の館長としても話題を集める詩人・菅原敏さんが、古今東西の恋愛詩に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


あなたの白い腕だけが

わたしのすべての地平線



「地平線」

マックス・ジャコブ(1876〜1944)

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maxima_tkk リヴァハンワンドロお題 既出かもしれませんが「地平線」という題の有名な詩がを思い出して…訳は色々ございます。 「彼女の白い腕が 私の地平線のすべてでした」 https://t.co/sJss9BNTfU 2ヶ月前 replyretweetfavorite

monyoco 原文だとherから始まるところを「あなたの」で訳してるのもいいし、体言どめなところもまたたまらない。一冊丸々訳してほしい。 4年弱前 replyretweetfavorite

yoruyoru555 これとかも 夜に目を覚ました同田貫が、傍らに身を横たえ寝息を立てる歌仙を見つめての心情ぽくないですか? 5年以上前 replyretweetfavorite

sayakubota 【連載更新です、メリークリスマス!】 https://t.co/inYdfNVTa1 | 6年以上前 replyretweetfavorite