コルク佐渡島庸平「有名作家だけでなく、新人もサポートしていきたい」

三田紀房『ドラゴン桜』、安野モヨコ『働きマン』、小山宙哉『宇宙兄弟』などを生み出した敏腕編集者、佐渡島庸平さんのインタビュー最終回。作家をエージェントする会社「cork(コルク)」のこれから、そして佐渡島さんが今の時代の作家に求めるものを伺いました。

出版社の新人賞に持ち込む人は40年間生き残れない

加藤貞顕(以下、加藤) コルクは新人発掘も熱心にやっていると思います。今度、「コルク×note漫画コンテスト」を行うのですが、それについてお話を伺えますか?

佐渡島庸平(以下、佐渡島) やっぱりコルクは、有名作家だけでなく、新人もサポートしていきたいと思っています。それで、いまおもしろいひとがどこに作品を出すのかなと考えた時に、今はネットに載せるんだと思うんですよね。昔だったら出版社に持ち込んだのかもしれないわけですが。

加藤 確かに、いまどきのおもしろい人は、まずはネットに書いたものを載せるでしょうね。

佐渡島 僕が作家になるとしても、まずはTwitterとFacebookとブログを始めると思います。コルクを立ち上げたときも、プレスリリースはつくらず、Twitterとブログで告知するだけで十分足りました。そこの考え方が同じ人のほうが、僕と一緒に仕事をして齟齬が起きないでしょう。それで、今はnoteという場所がおもしろい場所に育ってきていると思うんです。

加藤 ありがとうございます。

佐渡島 新人の人が今、世の中のサービスで何を使ってデビューするのか、どこに投稿するといいのかと考えたとき、フラットに全部のサービスを見たら、noteを選ぶと思ったんですね。

加藤 プロのマンガ家のかたも使ってくださってますし、『岡崎に捧ぐ』の山本さほさんがデビューしたり、最近だとかっぴーさんが登場したり、noteのマンガは盛り上がってますよ。マンガの投稿数は10倍の伸びですね。

佐渡島 noteは投稿が楽だし、拡散するのもいいです。山本さほさんの例がありましたが、実績があることも重要だと思います。noteに作品を載せたら出版社の人たちからの依頼がたくさん来て、単行本もよく売れたという実績があると、ほかのマンガ家たちも続きやすいですよね。

加藤 ということで、「コルク×note マンガコンテスト」についてちょっと話しましょうか。どんな作家さんと出会いたいですか?

佐渡島 先ほど僕が言ったような、自分の頭の中をパブリッシュするようなことに対して、最先端な取り組みを一緒にやってくれる作家と出会いたいですね。

加藤 作り方だけでなく、売り方も含めて感覚が共有できる作家を見つけたいと。

佐渡島 noteに投稿してもらうのは、奇抜なことをする必要はなくて、普通のマンガでいいと思うんです。けど、そのマンガをこれからの時代に合うようにどんどん進化させていきたいんですよ。そういう人と出会いたいです。ITでどんなことができるのか、どんな相手とビジネスをしたらいいのか、といった知識は僕らのところにありますから、そこからいっしょに作っていきたいなと。
 僕は、新しいビジネスは、新しいクリエイターが生み出していくものだと思っているんです。

加藤 どういうことですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

注目度ナンバーワンの編集者/経営者・佐渡島庸平、初の著書!

ぼくらの仮説が世界をつくる

佐渡島 庸平
ダイヤモンド社
2015-12-11

この連載について

初回を読む
メディアビジネスの未来

cakes編集部

インターネットによって、さまざまな業態が変化する2015年のいま。メディアの形とビジネスの仕組みは、どのように変わるのか。cakesの3周年企画として、未来のメディアビジネスの形をつくろうとしているみなさんにお話を伺いました。シリーズ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 佐渡島庸平「たまに「出版社に入って本を出したい!」という気持ちで 約4年前 replyretweetfavorite

t_kikuchi noteは根強いですよね。通向けの感も。しかし、この連載ここにきて、ちょっとネイティブ風味にw 約4年前 replyretweetfavorite

matsuken0217 作家を助ける=本を出すだけじゃない、そこで思考停止してはいけない。ほんとに。 https://t.co/aEoYahKU0M 約4年前 replyretweetfavorite

chihare 道無き道、ということを考える。個人的には広報より原稿書いていたいけど、そういうわけにもいかないんだろうな。 約4年前 replyretweetfavorite