死んだ恋人から届いたメール

もうすぐクリスマス。今年もbar bossa店主・林伸次さんから、素敵なクリスマスにまつわるお話をお届けします。先日、昨年恋人を亡くした常連のお客様が来店。あえてそのことを聞かずにいた林さんに、そのお客様は突然話を始めました。

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

いつもバーで聞いた話や、バーにまつわる話を書いてきましたが、せっかくクリスマスが近いので、こんなお話を。

といいつつ、人の「死」にまつわる話なんですが、こういう仕事をしていると普通より沢山の人に出会いますし、バーっていう本音を出してしまう場所ということもあり、人の死についての話をよく聞きます。

先日、編集の仕事をしている青木さんが来店しました。実は青木さんは昨年末に恋人を事故で亡くしていて、僕はそのことを青木さんと仲の良い他のお客様から聞いていました。恋人の方はお店に来たことがなかったので、青木さんにはその話を僕から聞くことはありませんでした。

青木さんはボルドー地方のメルローを飲みながら、少し酔っ払ってこんな話を始めました。

「彼女、イラストレーターだったんですけど、会ったときからもう好みのタイプだって思ったんです」

「そうなんですね」僕はその彼女が亡くなったことを知らないふりをして相槌をうちました。

「それからはなにかと彼女と会うために、僕が編集した本にいっぱい挿絵を描いてもらいました」

青木さんは彼女にどうしても会いたくて、郵送すればいい資料でも、彼女の自宅の近くのカフェで待ち合わせをして渡したりしたそうです。でも、あまりにも頻繁に仕事をお願いして会いに行くうち、罪悪感が芽生えていきました。相手からすれば、仕事のクライアントに言われたら会わざるを得ないだけなのかもしれないと。

そんな気持ちに耐えられなくなり、ある日、彼女にこう言いました。

「美恵さんのイラストはとても素敵だし、こちらの要望にもきっちり返してくれて、仕事相手としてとても信頼してます。だから、どういう返事をもらってもこれからも一緒に仕事をしたいと思ってます。もうバレてるとは思いますが、好きです。美恵さんに、ただ会いたくて、一生懸命、会うための理由を作ってました」

彼女はちょっと驚いたような顔をしたあと、笑ってこう答えました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tatsumi_kikaku 仕事中ですが、フラッと読んでみたら泣けました・・・。 1年以上前 replyretweetfavorite

kotatsu_n 素敵な話を読んだのでついーと。 2年以上前 replyretweetfavorite

sawaclarinet bar bossaのマスターが出した本を過去にも読んだけど、日常の風景をこんな風に切りとれるって素敵だなぁ。彼女からのメール文見て鳥肌たったよ。 3年弱前 replyretweetfavorite

questionstation |林伸次 @bar_bossa 良い話やぁ…林さんの文好きだわ https://t.co/gDJqpCWng5 3年弱前 replyretweetfavorite