第14回】“争続”の代表選手「不動産」 原因を知り回避せよ(5)

相続税が増税され、相続財産の半分を占める土地の活用に注目が集まっている。不動産は“争続”の元凶にもなれば節税の要にもなるもろ刃の剣だ。トラブルの典型から円満相続のヒントを探る。

case 5 「1物4価」の罠
同じ土地でも価格が違う!!
不信感を生む元凶

 「1物4価」といわれるように、地価を測るモノサシは多い。時に、それが家族を引き裂く悲劇を生むのだ。

 70代の兄と60代の妹が、親の遺産を相続することになった。兄は両親が住んでいた郊外の実家を相続する代わりに、妹が金融資産を多くもらうことを提案した。

 妹は金融資産を幾らもらえば、兄が相続する不動産の価値と釣り合うのか。それを決めるための初めての協議で、兄が示した土地の評価額がトラブルの元凶になった。


 兄は、土地の価値を固定資産税の評価額で提示した。それだと公示地価に比べ3割安くなる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
親・子・孫 3世代のお金の話

週刊ダイヤモンド

遠く離れてたまにしか会わない家族と、お金の話はしにくいと思うかもしれない。しかし、実は、年末年始に会うタイミングでこそお金について話すべきなのだ。 *情報は税理士やファイナンシャルプランナーが監修をしていますが、実際に、相続や贈与を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません