第9回】東大首席→ハーバードの美女 今こそ学びたいお金のこと

東京大学を首席で卒業し、財務省、弁護士を経て、米ハーバード大学に留学する。その上、若く美貌の持ち主。誰もがうらやむような才媛だが、“お金”について、これまで学んだことはなかったという。

山口真由(やまぐち・まゆ)●弁護士 1983年生まれ。札幌市出身。2006年に東京大学を首席で卒業し、財務省に入省。08年に退官し、弁護士に。15年夏から、ハーバード大学ロースクールに留学。

──次々新たなキャリアに挑戦するそのモチベーションは、何ですか?

 これまで私は、成長が常に階段状で、バンッと伸びる時期と、停滞する時期がありました。振り返ると、20代は停滞期でした。何か、打ち込めるものがなかった。だから、もう一回成長期に入りたいと思ったのが、留学を決めた一番の背景です。

──やはりそれだけ、勉強が好きだということですか?

 勉強は、すごく嫌いであり、好きでもあるんです。テストがあったりしたら、勝負しないといけない性分なんですよね。おそらく、ハーバードに行っても、絶対に優秀な成績で単位を取りたいと思ってしまう。努力できない自分が嫌いなんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
親・子・孫 3世代のお金の話

週刊ダイヤモンド

遠く離れてたまにしか会わない家族と、お金の話はしにくいと思うかもしれない。しかし、実は、年末年始に会うタイミングでこそお金について話すべきなのだ。 *情報は税理士やファイナンシャルプランナーが監修をしていますが、実際に、相続や贈与を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

u_kay_s とりあえず札幌出身で5つ違いということに驚いた> 4年弱前 replyretweetfavorite