フランスの芸術家が、ネットで作品無料公開に踏み切った理由

歴史的建造物が多く残り、その美しさから「バラ色の街」と称されるトゥールーズで、芸術家の作品が破壊されるという事件が起きました。作品に傷をつけられた時に芸術家がとった行動により、事件はより大きな事態へ発展していくようですが……。この一件、牧村さんの目にはどのように映ったのでしょうか。


はじめに、こちらの写真パネルをご覧いただきたい。

(※引用先リンク 2015年12月15日閲覧

父親ふたりに子どもがひとり、子育てする同性カップルの家族写真。

これは、フランスの芸術家であるオリヴィエ・シアパが撮影したものだ。フランスの地方都市・トゥールーズで11月30日から屋外展示されていたが、12月4日の深夜に壊され、落書きされた(参考:Le Monde)。

(※引用先リンク 2015年12月15日閲覧)

男性ふたりに抱かれて眠る赤ちゃんの、その顔の部分が割られている。
黒スプレーで落書きされた文字は、こう読める。

「HONTE(恥)」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suzumenotomo かっこいいよね。わたしは支持します! 3年以上前 replyretweetfavorite

CH0BBY 読んでる。いろいろ考えてしまう◇  3年以上前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 今月はじめ、 3年以上前 replyretweetfavorite

JacquelineS_H 義憤って感情は取扱注意の劇薬だと思う。 3年以上前 replyretweetfavorite