第5回】金がある者が教育を制す? 公立vs私立、本当の勝者は

子供に良い教育を受けさせたい──というのは全ての親の切なる願い。だが、いくら良い教育とはいっても、無尽蔵にお金をつぎ込むことはできない。教育とお金の関係を見てみよう。

 親の収入が高ければ高いほど子供の学力が高くなる──。誰もが言い出しにくかった調査結果が今、教育界を揺るがしている。

 苦学の果てに、名門大学を卒業した祖父母世代や親世代からすると、そんなばかな、と思うかもしれないが、実際、これは教育界の“常識”となりつつある。

 特に注目されているのが、文部科学省の2013年度の全国学力・学習状況調査を基に、お茶の水女子大学が行った調査研究だ。この調査では、保護者の社会経済的な背景と学力の関係が指摘された。

 資料をめくると、これでもかとばかりに、お金と学力の関係が示される。例えば、世帯年収と学力の関係の集計結果を見ると、小学校6年生算数Bの正答率では、世帯年収が200万円未満の児童は45.7%だったのに対し、400万~500万円は56.2%、800万~900万円は66.0%、1500万円以上は71.5%と、見事なまでに世帯年収と点数が比例していることが分かる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
親・子・孫 3世代のお金の話

週刊ダイヤモンド

遠く離れてたまにしか会わない家族と、お金の話はしにくいと思うかもしれない。しかし、実は、年末年始に会うタイミングでこそお金について話すべきなのだ。 *情報は税理士やファイナンシャルプランナーが監修をしていますが、実際に、相続や贈与を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ushisantoasobu 区によってこんなに平均年収って違うのか、なんか見入ってしまったorz 2年以上前 replyretweetfavorite

ulala_go 日本も完全な格差社会に。 ・お金をかければかけるほど学力が上がる。 ・母親の学歴が強く子供の学歴に反映する。 金がある者が教育を制す? 公立vs私立、本当の勝者は https://t.co/PnbvT4uLIm 2年以上前 replyretweetfavorite