最終回】 楽天成功者たちに聞く 稼げるショップの作り方

今や4万店以上にまで膨らんだ楽天市場。その中で勝ち残ることは容易ではない。そこで、数千万円レベルの月商を稼ぎ出している楽天成功者たちにノウハウを聞いた。

 東京都葛飾区亀有で、昔ながらの靴店を展開していた「靴のリード」。不況や大型量販店の影響をもろに受け、楽天市場への出店に踏み切ったのは、ネットショップの黎明期ともいえる今から14年前のことだった。

 当時はまだライバルも少なく3年余りで月商1000万円を突破。だが、「よい商品をたくさん仕入れてがつんと攻めていきたかったが、資金が乏しいため人も雇えず、3000万円を超えるまでは我慢だった」と山屋潤社長は振り返る。

 そのラインを超えたのは2007年のこと。新たなスタッフを一気に13人採用し、コールセンターを設置したり、ページ作成チームや梱包チームを立ち上げたりして、効率的な運営を行えるようになったという。

 こうした組織づくりは、山屋社長の悲願でもあった。顧客からの問い合わせや苦情、返品対応に追われ、メンバーの業務がパンク寸前だったからだ。

 とはいえ、顧客の声をおろそかにはできない。レビューに直結し、ひいてはランキングに影響が出るからだ。「出店数が膨大になり、ランキング上位くらいしか見てもらえない。だから、苦情一つにも真摯に向き合わなければならない。それが信頼につながり、リピーターの確保にもつながるからだ」(山屋社長)。

 開業当初から「ネットで日本一の靴店になる」という目標を掲げていた山屋社長。月商5000万円を超え、手応えを感じている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
楽天vsアマゾン 日本で勝つのはどちらだ!!【4】~ユーザー・出店者必見! サイトの賢い活用法

週刊ダイヤモンド

使い方を工夫すれば、ユーザーにとっては小遣い稼ぎのツールに、出店者にとっても宝の山に化けるショッピングサイト。儲けるための賢い使い方をご紹介しよう。※この連載は、2012年12月15日号に掲載された特集を再編集したものです。Illus...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません