赤坂のカエル

番外編】「不法占拠」の真実 後編

Web編集者・中川淳一郎さんがフリーライターに転身した過去を綴ったエッセイ「赤坂のカエル」番外編。今冬発売の『東大駒場寮物語』にも登場した、東大生でも東大出身でもない中川さんの駒場寮での生活に迫ります。
東大中退がバレてルームメイトのK君が追い出されてしまい、一人ぼっちの寮生活を送ることになった中川さん。会社を辞め、新入生で活気づく春の駒場寮でひとり思うこととは?

駒場寮からの脱出

 1軒目は池ノ上の風呂なし・共同便所のアパート。4畳半で25000円だった。しかし、さすがに4畳半というのは圧迫感があり過ぎ、ここは断念。次に行ったのが、松見坂近くの6畳の風呂なし・共同便所の3万円のアパート。フローリングといえば聞こえはいいが、築50年のこの建物、単なる「板張り」の床である。

 ここに引っ越すことを決め、すぐに敷金・礼金2か月分と1ヶ月分の家賃を支払い、契約をした。当時、無職になったらTシャツをECで売ることを考えていたので、その事業の構想を昼間はこの部屋で練り、夜は駒場寮で過ごすことにした。そんな中、久々に電話があった。大学時代の同級生・Y嬢だった。Y嬢とは学生時代は喋ったことはないが、社会人1年目に経緯は分からないものの、2人だけで神保町の居酒屋に行って酒を飲んだことがある。恐らくそれ以来3年ぶりの電話だったかもしれない。

 会社を辞めることをメールで伝えていたのかもしれないが、とにかくY嬢からの電話だった。どうやら、弟が東大に通っているようで、卒業する弟の友人が持っているモノをもらえるので車で取りに行かない?と誘われた。タダでもらえるのは有難いため、会社の先輩から車を借り、Y嬢に運転してもらい、弟の友人が住むという埼玉県蓮田市まで行った。そこでガスレンジと電子レンジをもらった。深夜のY嬢とのドライブは、二人して妙にハイテンションだったと記憶している。

 そして、このY嬢こそ今、私と2人でやっている会社の唯一の従業員・Y嬢なのである。彼女と神保町で飲んだ時、23歳だった私はどうやら「オレの夢はいつか友達と一緒に仕事をすることだ」と言っていたらしい。Y嬢とは2010年2月から一緒に働いているが、彼女は「あの時言っていたことって本当になっちゃったね! 何かを宣言しておくことって大事だね」と今でも言う。

 ガスレンジと電子レンジを駒場寮に運び入れた際、Y嬢は「へぇ~こんなところに住んでいたんだ。すごいね」と驚いていた。何しろ24畳のだだっ広いスペースで天井の高さは4メートルはある。部屋は真っ暗で隅の2畳ほどに私の布団が敷いてあるだけ。26歳のうら若き女性にとっては異空間に見えたことだろう。

退職と退寮

 そして私は退職した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
赤坂のカエル

中川淳一郎

ライター、編集者、PRプランナーとして『NEWSポストセブン』などのニュースサイトの編集を手がける中川淳一郎さんのエッセイ連載! 日本のウェブ業界で、強烈な存在感を放つ中川淳一郎は、いかにして中川淳一郎になったのか。その生き様を赤裸々...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

unkotaberuno 東大駒場寮生活、最後の時について書きました。まぁ、無職の27歳男がいかにバカで怠惰でアホか、というお話でございます→ 3年弱前 replyretweetfavorite