20歳が賞味期限!? 神になった少年アンティノウス【後編】

シーザー・カエサル、アウグストゥヌス、五賢帝。世界史のスーパーヒーローたちはみな同性愛者だった!?皇帝に愛された少年たちのなかでも、最も美しかったアンティノウス。彼が神となるまでの長い旅路を追います。
劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

20歳が賞味期限?—少年の美のピーク

128年夏、病が癒えたハドリアヌスは、アンティノウスを連れて、3度目の巡行に旅立ちます。今回の旅はローマにとっての東方世界、ギリシャやアジア、北アフリカを巡るものになりました。ハドリアヌスたちの一行は、まずアテナイへ向かいます。

ギリシャオタクの上、歴史オタクだったハドリアヌスの、今回の滞在は長く、年を改めて、129年の春までこの地にいました。

ここで、二人は、エレウシスの秘儀という「死後の祝福」を約束される祭儀に参加しています。男根を掲げながら、幻覚を招くハッカ水を飲んで、踊り狂うという、妖しげな祭りだったようですが、狂騒の果てに二人は来世でも結ばれる自分たちを見たのでしょうか。

先述のアルキビアデスの彫像を建立したのも、この時のことだったように思います。

ギリシャを去った後は、シリア、アラビアを経て、130年夏にエジプトのアレキサンドリアに到着しました。

ここで二人はアレキサンダー大王の石棺を見たり、古代世界最大だった図書館を見学したりして、偉大な英雄の作った都市を満喫したようです。

アレキサンドリアの有力者は皇帝と少年のカップルを表向きは歓迎しつつも、ハドリアヌスの気ままさと、性的な放埓さについては陰口をたたきました。

その後、エジプトを西へ進み、リビアに足を踏み入れます。ここで現地人からライオンの害を訴えられると、ハドリアヌスは英雄趣味を発揮して、一軍を率いライオン狩りに向かいました。

もともと狩りが大好きだったハドリアヌスは大喜びで、草原を砂漠を駆けまわりました。側にはアンティノウスが健気に従っています。灌木に潜んだライオンがアンティノウスにとびかかり、あわやという場面もあったのですが、ハドリアヌスがかばい、最後は見事、投げやりで討ち倒しました。

ハドリアヌスの得意は大変なもので、アンティノウスを救い、獅子を打ち倒す自らの姿を、青銅のメダルや浮彫にして広く公表しました。

しかし、この時、アンティノウスはすでに20歳。メダルや浮彫にされた姿を見ると、顔立ちにはあどけなさが残っていますが、肩や太ももはすでに青年のそれです。

本当ならソクラテスとアルキビアデスが戦場で勇気を競い合ったように、あるいは日本の小姓が成人後、念者の片腕や、時に対等のライバルとなったように、アンティノウスもハドリアヌスと肩を並べてライオンに立ち向かわなければならなかったはずです。

しかし、彼は一昔前のアニメのヒロインのように、ただただハドリアヌスから守られ、救われただけでした。

そんな自分をアンティノウスはどのように感じていたでしょうか?

2世紀頃、ローマの詩人が、古代ギリシャの詩を集めた作品には、少年の美について、下のように謡っています。

12歳の花盛りの少年は素晴らしい。13歳はもっと素敵だ。14歳の少年はなお甘い愛の花。15歳になったばかりの少年は一層輝く。16歳だと、神の相手がふさわしい。17歳の少年となると、おれじゃなく、ゼウス神の相手だ、あぁ!

18歳以降の美については語られていません。20歳は、とうに青春を過ぎた年だったのです。

成熟した大人にはなれず、かといって美しい少年のまま留まることは出来ない。

メダルや浮彫に描かれた彼の顔を見ると、その表情は憂愁に包まれてるように思われます。

最後になったナイルの船旅

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

815nakaaki さにわ的に宗三を一言で表すなら「ショタ」だしさらに詳しく言えば「硝子の少年」くらいだしショタといいつつ14~18歳くらいの子供から大人になるあたり…古代ギリシャで少年の美について讃えた詩の感じで…。 https://t.co/jHYWroSfsH 約3年前 replyretweetfavorite

_rokujo うつくしいです。 約4年前 replyretweetfavorite

hayumakurosawa cakes記事更新しました。ローマも使えなかった話が色々あるな。 個人的には、「ネロが死んだ」という大事な報告を持ってきた美男の使者に「尻の毛を焼いてこい」と言ったガルバさんが好きです。 神になった少年アンティノウス【後編】https://t.co/v2ENO5x0WE 約4年前 replyretweetfavorite