それでも僕は、外科医をやめない

嫌われる勇気なんて、私には持てそうにない

いわれのない激しい憎悪を向けられたら、あなたならどうしますか? 憎悪というのはウィルスみたいなものかもしれません。特定の相手に向けて発射されると、相手もそれに感染してしまう。ウィルスの増幅をやめるには……? 外科医の雨月メッツェンバウム先生の提言です。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今回は結論を先に書きません。

先日、私のもとにツイッターである男性からこんなメッセージが来ました。

曰く、「お前は学歴偏重・エリート意識にまみれたナルシスト。こじらせとかなんとか言って、結局は女性をただの性欲の対象としてしかみていない。同じ男として書いたものを読んでいると反吐が出る」と。

ふうむ。なるほど、なかなか鋭いところをついているな、とは思いました。が、とってもショックでした。そのセリフ自体にも落ち込みますが、匿名の相手であれ、これほどまで言葉を尖らせて私を刺しこんでくる人が存在しているという事実に激しく落ち込んだのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyokokwanau これを読んで、この方は本当に頭の良い方だと思いました。っていうか 惚れそうになった(笑)。 3年以上前 replyretweetfavorite

teabreak7 同じ所感を持ったことがあるのに不覚にも忘れてイラ死にしそうになっていた矢先にこの記事。これはお導きでしょうかありがたい。15才長男に祈るわ 3年以上前 replyretweetfavorite

hori_kawa 大人になればなるほど思う。「 誰かを攻撃したり悪意をぶつけると、同じ分量くらいのダメージを自分でも受けてしまう。」 4年弱前 replyretweetfavorite

michinakashima あの聖書の箇所ご存知なんだ。 4年弱前 replyretweetfavorite