ケイクス通信

キンコメ髙橋 相方に物申す/まだPVで消耗してる?/息子の態度がヒドイ…|週刊ケイクス通信12/12

先週(12/5〜12/11)の更新記事をまとめてご紹介! 見逃したかもしれないあの記事を、まとめてチェックしてみてください。あとで読もうと思った記事は「お気に入り機能」を、読み逃したくない連載は連載の「フォロー機能」を使うと便利ですよ!

編集部のつぶやき

「好きな芸能人は?」という問いに「宮崎あおい」と答えたら、「どうせ『ただ君を〜』のあおいちゃんが好きなんでしょ? あんなの好きになるの、精神的童貞じゃん」と散々罵倒されました……。好きな芸能人、誰だったら正解なんでしょうか?(K)

遺伝だと思うのですが、僕の家族は親子ともどもお酒が全く飲めません。父にいたってはお酒を口にする姿を見たことがないほど。しかし今回の林さんのコラムを読み、親とサシ飲みに憧れてしまいました。1人の人間として親を見ると、知らないことばかり。「サシ飲み」は無理でも「サシご飯」をしてみようかな。(バイトS)

次回急展開を迎えそうな『マチネの終わりに』。なかなか一緒になれない蒔野と洋子に毎回やきもきして「次が早く読みたい!」となってしまいますが、それもまた連載のいいところですね。物語に出てくるギター音楽をバックに、平野さんの美しい文章を読む時間がとても贅沢です。果たしてラストはどうなるのか、最後まで見届けたいと思います。(インターンT)

英語が上手くなりたくて、アメリカやイギリスのコメディ番組を見ていた時期がありました。でも内容がイマイチ楽しめず。飽きてきたときにたまたま見た日本の漫才は抱腹絶倒の面白さで、やっぱ私はこれだな~と思いました。20数年の間に日本のコンテクストにすっかり慣れ親しんでしまったようです。(インターンK)

吹奏楽部でバスクラを吹いていた時、よく隣のクラリネットの子が注意されたり、サックスの子がやり直しさせられたりしていました。今にして思えば、あれはバスクラの音についての注意だったのでは? 楽器を擬人化した漫画を読みながら、ごめんなさい、私の周りに座っていた部員たちよ! という気持ちでいっぱいになりました。(インターンH)

ピックアップ

貝の連載を始めるのが不安だから相方呼んで「下町ロケット」にあやかろうと思う

キングオブコメディ高橋の「貝という名のもとに」

高橋健一

貝の話が始まると思いきや「ひとの町に土足で入ってきやがって」といきなりぼやきはじめる高橋。第2部「ガウディ計画編」に入ってますます絶好調のドラマ「下町ロケット」(TBS 日曜夜9時〜)にレギュラー出演(迫田滋役)中の今野に、ドラマの舞台である大田区出身の高橋から、どうしても言っておきたいことがあるようで───。

この記事を読む

「バズ」やPVにとらわれないクリエイターの生き方

「いいね!」が終わる日—はあちゅう×かっぴー対談

はあちゅう / かっぴー

現在「note」にて『月刊はあちゅう』を連載中のはあちゅうさんと、SNSで話題沸騰となった漫画『フェイスブックポリス』の著者であり、年明けに「cakes」でも漫画連載を始めるかっぴーさん。同年代で、ひらがなペンネームでウェブで活躍と、共通項の多いクリエイターの二人。SNS全盛の時代をひた走る二人が「バズ」に対して懐疑的なそのワケは?

この記事を読む

第一回『息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました』

息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました。

横山了一

男の子って めんどくさいけど いとおしい! 漫画家にして主夫の横山了一さんが描く、わがままで理不尽だけどかわいらしい5歳の息子・ゆうたくんとの日常。Twitterで話題! 共感&爆笑必至の子育てコミックエッセイ第一回です!

この記事を読む

第一回「太郎とヤスシ」「おっぱい」

太郎は水になりたかった

大橋裕之

ドクロみたいな顔した太郎は中学生で、アサリの中身みたいな頭をしたヤスシが親友。 太郎は学校で決して目立つような存在ではありませんが、ヤスシのような友人にも恵まれ、 恋をしたり、意味がなさそうなことに意味を見出したりしながら日常生活を送っています。 太郎の父親は喫茶店を営んでいますが、なぜか母親は家にいません。 いつも心に母親のことが引っかかりながら思春期を過ごす太郎の青春学園ドラマ!

この記事を読む

【第39話】3歳〜最終回、3歳になりました〜

おやおやこども。

木下晋也

あんなに小さかったコースケも来年の春から幼稚園。お父さんもお母さんはもちろん、一緒に成長を見守ってきた私たちも、感慨深いですね。 コースケ、3歳おめでとう。これからもすくすくと大きくなってね!

この記事を読む

『007 スペクター』 孤独なスパイを照らす、弱く小さな光

およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

スパイ映画豊作の年だった2015年。その年末に『007 スペクター』がついに公開です。ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる4作目は、どのような魅力を放っているのか? ブロガーの伊藤聡さんがその見所を紹介します。

この記事を読む

連載

会社を辞めるかブタ箱か

負ける技術

カレー沢薫

放課後は介護小学生に変身です!【『介護小学生』第1話】

介護小学生

金山カメ

小学生のときに祖父母の介護を経験した作者の涙と笑いのW介護エッセイ漫画!

愛してくれとは言わないが、そんなに美魔女が怖いのか【前編】

雑誌が切り取る私たち。—恋も仕事も思いのまま?

芳麗

この道20年。うっかり女性誌ライターが贈る“ありふれた女”のための教科書

ニューヨークのシェフが、ミシュラン星よりも恐れているもの

アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

世界中から一流が集まるニューヨークの苛烈なレストラン事情。

中山美穂の出演時には「作詩」と表記されていた

ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

『FNS歌謡祭』に忍ばせたポエミー中山

「彼氏とクリスマス過ごせたらいいのにね」と言う母に答えるのが辛い

女と結婚した女だけど質問ある?

牧村朝子

国際同性婚をはたした牧村朝子さんが、実体験や奥様とののろけ話をまじえながら「百合のリアル」を語ります

親だって人間です

ワイングラスのむこう側

林伸次

バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。バーテンだけが知っているここだけの話。

絶賛されていた日本の働き方はなぜ苦境に陥っているのか?

世界のどこでも生きられる

May_Roma

イギリス在住のMay_Romaさんが「日本に縛られない生き方」を語る国際派コラム。

人間ひとり分の生活用品が、すべて遺品になる【『命の足あと』第1話・後編】

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~

みきさえ

自分や家族が死んだ時を考えたことはありますか—? ”遺品整理業”を描いた感動漫画。

介護円満の秘訣は特撮番組の中に有り!—金山カメ インタビュー【後編】

介護小学生

金山カメ

小学生のときに祖父母の介護を経験した作者の涙と笑いのW介護エッセイ漫画!

英語をおぼえても「コンテクスト」を理解しなければ会話ができない

世界の壁は高くない—海外で成功するための教科書

鳩山玲人

キティちゃんを世界的キャラクターに育て上げた男が書いた、世界で戦うための教科書

あなたは大丈夫?いけにえの羊ちゃん病【前編】

Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

俳優の「日常」に萌える女たち—2.5次元舞台編vol.7

ハジの多い腐女子会

cakes編集部

意外と知らないiPhone純正イヤホンの裏ワザ

あんどろっぷ

あんどろっぷ

エイコ、育鳥ノイローゼになる(前編)

お母さんみたいな母親にはなりたくないのに

田房永子

毒母トラウマがあるのに女の子を産んじゃった! 人気漫画家の育児サバイバル・コミックエッセイ!

SFおたく道—水玉螢之丞を語る③「最近おもしろいのある?」は恥

岡部いさく×大森望「SFおたく道」

大森望 / 岡部いさく

岡部いさく×大森望の対談を掲載!

【第75話】こりゃあ深刻だな…

マコとマコト

木下晋也

「ポテン生活」「つくりばなし」の木下晋也が長編ラブストーリーに挑戦!

忘新年会を強烈に盛り上げるあやまんJAPANの“枕営業”

俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

SPA編集部 / 風俗(かぜ)を読む取材班

脳を進化させるための3つの掟

英雄の書

黒川伊保子

脳科学が解明した「人生を切り開く方法」を、根拠に基づいた明快な論理で語る

【第1回】950社、32万人を格付け 日立、世界統一評価基準の脅威

あなたの給料・評価はこうして決まる 年収格差が生まれるメカニズム

週刊ダイヤモンド

あなたの給料・評価はこうして決まる!

Q.クッキングパパ・荒岩の勤める金丸産業の最恐社内イベントは?

クッキングパパの謎

澁谷玲子

連載開始から30年!『クッキングパパ』の作る料理は本当においしいのか……?

【最終回】こんなことまでやっている! 人事部のお仕事大図鑑

ニッポンの人事部“解体新書” なぜ理不尽がまかり通るのか

週刊ダイヤモンド

人事部の正体を明らかにし、時に理不尽にも見える異動・昇進・昇給のなぜに迫る。

海外ではイエス・ノーはっきりさせる、だけでは通じない

世界の壁は高くない—海外で成功するための教科書

鳩山玲人

キティちゃんを世界的キャラクターに育て上げた男が書いた、世界で戦うための教科書

そういえば最後に—新潟編vol.30

彼女写真 in 新潟4

青山裕企 / 美少女図鑑

上司との浮気に溺れてしまいそうです【第154回】

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

全国の迷える子羊に捧げるアメとムチ。恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが送る人生相談連載。

「逮捕歴があっても?」

プリティ・ガールズ

カリン・スローター

ミステリー界の新女王カリン・スローターが描く本年度最高のスリラー小説!

—じゃあ、幸せですね、今はお互いに。」

マチネの終わりに

平野啓一郎

平野啓一郎が40歳を迎える今だからこそ描けた大人の恋愛小説『マチネの終わりに』

【第2回】給料、評価、選抜、退職勧奨… 先進企業の「人事」をのぞき見る

あなたの給料・評価はこうして決まる 年収格差が生まれるメカニズム

週刊ダイヤモンド

あなたの給料・評価はこうして決まる!

セックスと音楽の蜜月【前編】

心のベストテン

柴那典 / 大谷ノブ彦

変態的性欲が秘められた名曲が爆誕。その官能のルーツに迫ります。

そして楽器たちは吹奏楽コンクールを目指して…その2

もしも楽器が吹奏楽部員だったら

菊池直恵

吹奏学経験者も、未経験者も、笑えて、ときおりホロリと泣ける楽器擬人化マンガ!

バリ島のお葬式では涙を流さず、ド派手なパレードが繰り広げられる!

ALMA MUSIC BOX × 宇宙兄弟

小山宙哉スタッフ / 塩谷舞

「死にゆく星の旋律」を届ける、天文学者とアーティストたちのプロジェクト

不運にも頑張れない世代からの提言【第6話】

アラだらけくん

市橋俊介

恋愛日記を書いてたら目が悪くなりました

なでksジャパンはいつもこうだ…。

二宮なゆみ / 竹中夏海 / 小口桃百花 / 日笠麗奈 / 渡賀レイチェル

iPhoneのリマインダー機能が便利!

あんどろっぷ

あんどろっぷ

【最終回】面接官や人事担当者を募集 人事はここまで外注できる

あなたの給料・評価はこうして決まる 年収格差が生まれるメカニズム

週刊ダイヤモンド

あなたの給料・評価はこうして決まる!

第四十八話 とーたん かーたん

ニブンノイクジ

うめ(小沢高広・妹尾朝子)

自由すぎる自由業・漫画家ふたりの行き当たりばったり育児コミック。

結婚の決め手は「匂い」だった 〜美人人妻女医の囁き〜

それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

毎日、人を切ってます。現役外科医が語る本音エッセイ

菊池桃子が日本を救う?/日経電子版のブランド戦略/百万人の童貞を救った男|週刊ケイクス通信12/5

ケイクス通信

cakes編集部

1週間の更新記事を一挙にご紹介!

今はもう、そうするより他に、自分の幸福はないことくらい知っているはずだった。

マチネの終わりに

平野啓一郎

平野啓一郎が40歳を迎える今だからこそ描けた大人の恋愛小説『マチネの終わりに』

【第155話】運命のイタズラ?

GENGO「ニートVSガンコ親父」編

石原まこちん

【第5回】人事部は社長への登竜門 目立つ銀行、運輸、素材企業

ニッポンの人事部“解体新書” なぜ理不尽がまかり通るのか

週刊ダイヤモンド

人事部の正体を明らかにし、時に理不尽にも見える異動・昇進・昇給のなぜに迫る。

【鉄板ペアリング】クリスマスビールで乾杯する夜

あなたのしらない、おいしいビール

富江弘幸

とりあえずビール、と思っているあなたの人生を変えてしまうお話です。

クレアの運命を暗転させた路地裏の悲劇

プリティ・ガールズ

カリン・スローター

ミステリー界の新女王カリン・スローターが描く本年度最高のスリラー小説!

【第1回】百戦錬磨のプロが伝授する 活力を生み出す組織のつくり方

新・人事部の掟 旧来型人事をぶち壊せ

週刊ダイヤモンド

人事部はどこへ向かうべきなのか。その道の達人に人事部が果たすべき役割について聞く

そろそろお別れだね—新潟編vol.29

彼女写真 in 新潟4

青山裕企 / 美少女図鑑

ホモばかりのローマ皇帝たち 神になった少年アンティノウス【前編】

なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

ホモばかりのローマ皇帝たち!? 話題の歴史小説家の書き下ろしコラム!

ムハンマド伝・監獄実験・時間術

新・山形月報!

山形浩生

博覧強記の評論家・山形浩生が、古今東西の書物を斬って斬って斬りまくる!

【第2回】ブラックボックスをオープン化 従業員に嫌われない人事部へ

新・人事部の掟 旧来型人事をぶち壊せ

週刊ダイヤモンド

人事部はどこへ向かうべきなのか。その道の達人に人事部が果たすべき役割について聞く

「落ち葉を踏んで僕らは歩く」ルミ・ド・グールモン

新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 / 久保田沙耶

“読解”とは宝探しではなく、死者を蘇らせること—『死の都』という文学[二]

新しい「古典」を読む

finalvent

今だからこそ読むべき、色あせない名著とは。ブロガー・finalventさんによる新時代の教養入門。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません