テロ後も安心してパリ旅行したいひとのための手引き

白い霧に包まれた美しい風景、生ガキと冷えたワイン、有名パティシエの秋冬限定商品、全盛を迎えるサーカスやオペラ・バレエ……冬のパリは楽しみに溢れています。テロのあとでもフランスに来ようと思ってくれる人のために、今回はフランスにすむ中村さんが、普段から気をつけていることやテロの情報収集についてなど、安心して旅行を楽しむためのポイントをお伝えします。

12月に入り、ようやくパリの街にクリスマス・イルミネーションが一面に灯りました。

テロという悲劇は起きたもののパリジャンたちの生活は続き、クリスマスは今年もパリにやってきたのです。いつもと違うのは、イルミネーションにはフランスのトリコロールカラーが目立っていることでしょうか。


モンマルトルの丘から見たパリの夜景

パリの観光業界で働く友人によると、例年12月は日本人観光客が増える時期。チケットも安いこの時期に、パリでロマンチックなクリスマスを過ごす人が多いようです。
せっかくのパリ行きの予定をキャンセルするかどうか迷っている方々から、「今、パリの状況はどうですか?」という問い合わせもちらほら耳にします。

前回の記事でもお伝えしたように、いつも通りのパリに戻ろうとしている気配はありますが、町中で兵士をみかけるなど警備は厳しくなっています。驚くべきことに、テロに屈するまいという思いから、あえてカフェのテラス席を陣取るパリジャンの姿もあるほどです。

本格的な冬を迎えたパリでは、この時期しか見られない白い霧に包まれた美しい風景もみられます。食がいつもより美味しくなるのもこの時期ならでは。

マルシェや鶏肉屋を覗いてみれば、まだ羽がついたままの鳥たちがぶら下がるジビエが出迎えてくれます。ほかにも立ち飲みバーで、ビネガーとエシャロットで味付けしたフランス生ガキと冷えた白ワインを一杯やるのも乙。
チーズ屋で生チーズを丸ごと購入し、オーブンでとろとろにとけるまで熱したところにバゲットにまとわりつけて食べればもう昇天。有名パティシエに行けば、秋冬限定のモンブランや濃厚チョコレートケーキがずら〜りと並びます。


我が家の冬の定番は、ムール貝の白ワイン煮

冬はパリジャンたちもダイエットを忘れるほど、食を楽しむ時期なのです。また、冬に全盛を迎えるサーカスやオペラ・バレエの鑑賞も忘れてはいけません。

こんなにも楽しみが溢れる冬のパリ旅行をキャンセルするのは残念なことです。ですから今回は、これからパリを旅行される予定の方に、少しでも安全に、そして旅行を楽しんでもらうためのポイントをお伝えしようと思います。

パリに住んでいる日本人の1人として、普段から私が気をつけていることや、テロの情報収集についてなど、参考になればと思います。

パリ旅行のそもそもの注意点
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukidarumza1 今だからこその、とても実用的なガイド→ 1年以上前 replyretweetfavorite

yukidarumza1 今だからこその、とても実用的なガイド→ 1年以上前 replyretweetfavorite

mayumisss iPhoneの件は驚いたかな。 ここまで貴重? https://t.co/Linsmpmoq6 2年弱前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 中村綾花@ayakahan https://t.co/vdo6GPFNTH 私服警官を装ったスリのグループ 現金ではなく、クレジットカードを使う iPhone以外の携帯電話 全身ユニクロ 完全タクシー移動 オペラ座界隈の日本人街 2年弱前 replyretweetfavorite