第4回】時間帯や環境で刻々と変化 通信速度はあくまで“水もの”

大手キャリアの回線を、多くのユーザーで分け合って使うのがMVNOの仕組み。“安い代わりに遅い”というのは我慢しなければならない。では、どのくらい遅いのか。

 格安SIMは、MVNO事業者が大手キャリアから回線を借り受けて再販売している。販売店や宣伝に掛かるコストを抑えて安くする、航空会社でいうところのLCCのような存在だ。

 機能面での最大の違いは、通信速度と容量である。一般にMVNO事業者は大手キャリアから借りた回線を、なるべく多くのユーザーに振り分けることで格安を実現している。そのため、ユーザー1人当たりの回線の“太さ”が、大手より劣るわけだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
2年でハワイに行ける! スマホ会社・プラン選びのコツ

週刊ダイヤモンド

通信料金も安い、さらには端末もサクサク動く。魅力的な格安スマホだが、会社とプラン選びにはコツが要る。また、幾つか弱点もあるだけにそれを理解し選択することが重要になる。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません