親だって人間です

親子関係に悩む人は少なくありません。確かに親は「子どものため」なんて言いながら、自分のことを優先してしまいがちです。ただ、親だってやっぱり人間です。親を一人の人として理解するために、そしてなにより自分のことを理解するための林伸次さんが提案する方法とは?

恋愛や結婚に迷いだした女性になにがあったのか

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、このcakesを読んでくれているという27才の可愛い女性から、こういうことを言われました。

「林さん、私、最近、恋愛とか結婚とかがわからなくなってきたんです。前まではすごく結婚って憧れてたんですけど」

27歳くらいでそう悩み始める女性は少なくないです。理由はそれぞれですが、彼女にはなにがあったんでしょうか。

「最近、両親が離婚したんです。たぶん私が独立してから離婚しようって決めてたみたいで。私、二人がそんな状況だったって全く知らなかったんです。ある日、突然、『離婚するから』って言われて、お母さんがさっさと出ていったんです」

熟年離婚、最近よく話題になってますよね。彼女のように、子供が大きくなるまでは我慢して、そしてやっと離婚という感じなのでしょう。でも子供からすると、両親は仲良くて愛し合ってると信じていたのに、それが実は冷たい関係だったことを知ると、「結婚って何だろう?」とか「愛情って本当に世の中にあるんだろうか」とか悩んでしまうわけです。

僕は26才の娘のお父さんをやってまして、こういう話を聞くとすごく苦しくなってしまうのですが、でも、親って「親の人生」があるんですよね。例えばわかりやすいところだと、親が転勤や新しい家に引っ越すとかの理由で、子供が転校しなきゃいけないことってあります。

子供にとって「転校」って人生の終わりみたいに感じますよね。今まで築き上げてきた友達関係や先生との関係、サッカークラブやみんなで作った秘密基地、ありとあらゆる目の前の現実が全部失われてしまうわけです。そして、転校先の教室で同じような友達ができるだろうか、イジメられたりしないだろうか、って考えただけで目の前が真っ暗になります。

親もそのくらいのことは想像できるのですが、親って「自分たちの人生」を選ぶんです。「まあ転校も人間関係について色々と勉強になるしね」なんて良い方に解釈したりもします。それなのに「子供が第一」って本気で思ってるんです。でも本当は「自分の人生」を選んでいます。つまり、離婚もそういうことなんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hotakasugi 親と飲み行くのはいいと思う。誰でも自分の人生生きるしかないんだよね。 3年以上前 replyretweetfavorite

michael_shinshu 私は母親とサシ飲みって酒じゃなく茶室で抹茶でやり取りしたけれど、私の娘が産まれて、私が病気して、母親と同じ視線になった時にいろいろな話ができたな。 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 林伸次@bar_bossa https://t.co/nZMXUaNpeS 恋愛観やセックス観って、なぜか「親をコピー」してしまうんです。 僕はどうも風俗に行ったり行きずりの人とセックスを楽しんだりってことができないんですね。 僕もそうです…。 3年以上前 replyretweetfavorite

imagawaikuo 娘とさし飲み?やだねぇ。息子とも別の意味ですすみませんけども。▼ 3年以上前 replyretweetfavorite