心のベストテン

セックスと音楽の蜜月【後編】

性愛つまり「セックス」を歌う音楽について後編。官能的でエロティックなだけじゃない、青春のすべてを託した処女と童貞のための「セックス」から、「ワンチャン」という言葉に託された希望としての「セックス」まで鼻息荒く語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

クリープハイプが歌う内面のエロティシズム

柴那典(以下、柴) 前回に引き続き、「セックスと音楽」について語っていきたいなと。ええと、クリープハイプについてですよね。

大谷ノブ彦(以下、大谷) クリープハイプの「HE IS MINE」って曲があるんです。

 そうだ、そうだ。これはクリープハイプの代表曲ですね。

大谷 僕がDJでかけても毎回大合唱ですよ。

 「今度会ったら何をしようか 今度会ったらキスをしようか 今度会ったら何をしようか 今度会ったら」って歌詞のところですよね。彼らのライブを見ると、ほんとに何千人の女の子が一斉に「セックスしよう!」って叫んでる。

大谷 で、今年観た映画で最高だったのが『私たちのハァハァ』なんですけれど、これって、田舎のクリープハイプのファンの子の4人が出待ちしてた時に「東京に来てください」って言われて、それを真に受けた女の子が自転車で東京に向かう物語なんですね。

大谷 で、途中のカラオケボックスでみんなしてクリープハイプの「HE IS MINE」を歌うんです。でもこれ、観てると変な感じがするんですよ。というのも、『私たちのハァハァ』に出てる4人の女の子のうち、2人は処女なんです。

 そういう設定なんですか?

大谷 いや、僕が勝手にそう決めつけてるだけなんですけど(笑)。でも間違いない。

 おお、すごい自信というか確信(笑)。

大谷 つまり「HE IS MINE」って、処女の子が歌う「セックスしよう!」なんですよ。それって実際のものじゃなくて、理想上のもの。つまり、スローガンだと思うんです。愛も欲望も今を変えたいという希望も、そこに青春のすべて込められている。それを言うことにカタルシスがある。そこがめちゃめちゃポップだなって思った。

 なるほど。たしかにこの曲、別に官能的でエロティックなわけじゃないですしね。

大谷 それでいいんですよ。セックスの描写にリアリティがあればいいってわけじゃないん。象徴としてのセックスが彼女たちのターニングポイントなんです。
 ただ、映画の中でめちゃくちゃエロくてグッとくる場面があって。これは語りたい。少しネタバレになっちゃうかもしれないんで、まだ観てない人は注意してもらいたいんですけど。

 それは気になります。

大谷 女の子4人が旅を続けるうちに、池松壮亮君が演じる役がキーパーソンとして登場するんです。で、途中のパーキングエリアの喫煙エリアで、みんなが寝てる時に、突然4人のうちの1人とキスをする。それがルックスのいい子、可愛い子じゃなくて、お笑い役担当の子なんですよ。大関れいかちゃん。

 大関れいかちゃんって、Vineという動画サービスの変顔で有名になった子ですよね。

大谷 そうそう。監督に話を聞いたら、最初は可愛い子がキスする相手だったんですって。でも「なんか違うな」って思って途中で変えたらしい。

 へえ。

大谷 彼女は映画の中でもキャバクラのオーディションに落ちちゃう側の子で、明快に「かわいくない側の女子」として描かれてる。でも、地元に彼氏がいる女の子なんですよね。彼と電話を何回もしてる。
 つまり、おそらくこの子はセックスをしてるんです。恋愛経験のある大人な女の子が、3人を男から守る意味でキスした。そのシーンを見ると、この子が4人の中で道化役のムードメーカーを買って出てるのも、実は優しさなんだなってわかる。そういうキスがね、超エロいんですよ。

 なるほど。一つのキスでいろいろな物語を思わせる。

大谷 しかも、そういうところ、すごくクリープハイプっぽいって思った。

 たしかにクリープハイプって、恋しさとか面倒くささとか厄介さとか、女の子の心情をほんとにリアルに歌ってますもんね。実際はそれを男が書いて男が歌ってるから倒錯してるんだけど、だからこそ刺さるものがある。

大谷 そうなんですよ。そこが、クリープハイプが性を歌う本質的なところにあるんだと思いますね。

 なるほどねえ。単なるセクシーな快楽とは全然違う。

大谷 きわどい水着を着た女の子が踊ってるのもたしかにエロいですけど、それはいわば記号としてのエロですからね。クリープハイプが歌ってるのは、もっと内面からのエロなんですよ。

WANIMAとハイスタのパンクな発明

 そういうところで言うと、エロを歌うロックバンドの新鋭も登場しましたね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chogiyo 【必読資料】秀逸。我が意を得たりなところもあり、さらにそれを超えて勉強になったところもあり。 → 5年弱前 replyretweetfavorite

0501Can #セックス #エッチ #H #ワンチャン #星野源 #福山雅治 #桑田佳祐 #アミューズ 5年弱前 replyretweetfavorite

hanazukinchang   ただエロいとか下ネタうたってるとか思われがちやけど、クリープのエロはせつなくてさみしくて辛い。 星野源のエロは官能的で文学的な感じがする。どっちの音楽も好き 5年弱前 replyretweetfavorite

yuyuyu3jp これはそう思う  5年弱前 replyretweetfavorite