第2回】格安スマホの選び方 自分で決める4パターン

大手通信会社のお膳立てしたスマホ端末と回線契約に従うのではなく、端末本体と回線を切り離し、ユーザー側が自由に組み合わせるというのが格安スマホの醍醐味。組み合わせと使い方を工夫することで、2年間で約10万円の節約が可能になる。


 格安スマホには、大きく四つのパターンがある。パターン1は、SIMフリー端末を自分で用意し、別に音声通話機能の付いたSIMを買ってきてセットするというもの。普通に電話がかけられるほか、ナンバーポータビリティ(MNP)で今使っている電話番号も利用可能だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
2年でハワイに行ける! スマホ会社・プラン選びのコツ

週刊ダイヤモンド

通信料金も安い、さらには端末もサクサク動く。魅力的な格安スマホだが、会社とプラン選びにはコツが要る。また、幾つか弱点もあるだけにそれを理解し選択することが重要になる。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Shige_Onz 二年で10万! 約4年前 replyretweetfavorite