最終回】緑豊かな“田園都市”のようなロジックボードに安さの秘密あり

電子部品はあえて大きめ! 1世代前の商品でコスト削減。


ひしめき合う600個以上の電子部品

 紅米2の電子回路基板であるロジックボード(縦5.3cm×横6.0cm)の中には、極小の電子部品など合わせて600個以上が表裏両面に実装されている。その姿は、まるで緑豊かな田園都市を空から眺めた様子を思わせる。対して左側に比較用に並べたiPhone 6は、ひしめく都会のビル群のごとく高い密集度が特徴だ。この見た目の違いが、そのまま両者の設計やコストの違いを象徴する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
安いのにサクサク動く! ハイレベルなスマホ端末

週刊ダイヤモンド

格安スマホは端末も格安だ。しかも、機能的には大手通信会社の端末と大差がない。世界を見渡せば、格安スマホ向け端末で急成長した第二のアップルと呼ばれる企業も登場しているのだ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません