第3回】“ソニー製”は廉価版で不採用! 極小カメラの心臓部

部品総額は推定1400円!


顔認識から高画質動画撮影までこなす
万能カメラ

 紅米2に搭載されているメインカメラには、プラスチックで成形された複雑な非球面レンズ5枚がギュッと詰まっている。明るさを示すf値は2.2で、画素数はiPhoneと同じ800万画素のイメージセンサーを採用している。シャオミの人気に火を付けた若者層が好む自撮り写真を楽しめる28mmの広い画角を持ち、人の顔を自動認識するソフトウエアを搭載。毎秒10枚の連写機能や、フルハイビジョンの動画撮影機能も備えており、シャッターチャンスを逃さない必要十分なカメラだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
安いのにサクサク動く! ハイレベルなスマホ端末

週刊ダイヤモンド

格安スマホは端末も格安だ。しかも、機能的には大手通信会社の端末と大差がない。世界を見渡せば、格安スマホ向け端末で急成長した第二のアップルと呼ばれる企業も登場しているのだ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません