それでも僕は、外科医をやめない

結婚の決め手は「匂い」だった 〜美人人妻女医の囁き〜

今週は「美人人妻女医の囁き」というアンニュイな匂いのするタイトルに負けず劣らず、興味深い事実が語られるようです。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今回の結論は、タイトル通り「結婚相手は匂いで決めろ」です。

12月に入ると、病院で働く医者にとっても忘年会シーズン。あちらこちらで合計10回くらい参加することになりそうです。外科医をやっているといろいろなところで色んな職種の方と仕事をするんですよ。

まずは自分の科がある病棟が二つ、これはナースの皆さんと。そしてうちの外科で、この一年回ってきた研修医の先生とうちの外科医たち、秘書さん。それから手術室の看護師さんと麻酔科の先生がた。感染管理チームのスタッフのみなさん。毎週会議をしている、消化器内科と病理科・腫瘍内科・放射線科の先生方。それから研究室の方々……と、キリがありません。

その中の一つの忘年会、歴史ある街のとある瀟洒なレストラン。私はパーティーがとっても嫌いなのですが、まあこのお世話になった皆さんにお礼を言わねば、これは仕事だと緊張で身を固くして行きました。お気に入りのスーツを着て、一昨年ウィーンで買ったXmasカラーのタイを締めて。

がやがやと騒がしい立食で、私はインドから手術見学にいらしている40代男性ドクターに焼酎と日本酒の違いについて説明しておりました。インドの方の英語、「r」の発音がかなり巻き舌で本当に聞き取りにくいのですが、やっと慣れてきたな、なんて思っていたんです。結局焼酎は口に合わなかったようで、ワインを取ってくるよ、と彼が離れたところ。

ある一人の女医さんが、私に話しかけてきました。

まっすぐに、私の目を見て。

「雨月先生、こんばんは。雨月先生とちょっとお話ししたいと今日は思っていて」

すっきりとした顔立ちで、にこっと微笑むと一重まぶたの目がほとんど線のように細くなってしまう。そのときに寄る目尻のしわがまた、美しさを増幅させている。私は久方ぶりにどぎまぎしながら

「先生、私も先生とお話ししたかったんです!」といいます。あっという間に浮き足立っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sanzi24 匂いで決めるってのはきいたことあるな。しかしこの女医筆者誘惑してんじゃね? 結婚の決め手は「匂い」だった  @ugetsujiro https://t.co/dJveDk3hCf 約4年前 replyretweetfavorite

tipi012011 色々空想してしまった。。 約4年前 replyretweetfavorite

skbluegreen なんか納得~!首筋が気持ちいいのはそういうことだからなのかな? 約4年前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 結婚の決め手は「匂い」だった ~美人人妻女医の囁き~ 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/DIyszoOEtc 雨月先生と、美人人妻女医さんの 不倫に発展する展開を期待……。 https://t.co/a3gZlksEtY 約4年前 replyretweetfavorite