Q.クッキングパパ・荒岩の勤める金丸産業の最恐社内イベントは?

博多有数の企業、金丸産業に入ったら、抜けられないマッチョな社内行事が数多く存在する。行事の翌日には、ハリキリすぎた企業戦士たちは筋肉痛に苦しみながら通常業務に戻る羽目になっても全社員で楽しむ姿勢は変わらない。休みの日に開催されても「プライベートは個人の自由を尊重してほしいよね……」とか「こんな前時代的でダルい行事は一刻も早く撤廃すべし!」などとは言ってられないのだ。これを恐怖と感じるのか、コンプライアンスが重要視される現代でこんな社内イベントを行う金丸イズムを検証する。

A.「新入社員歓迎ソフトボール大会」。それはコンプライアンスギリギリのデンジャーさ!


クッキングパパ・荒岩の勤める金丸産業は博多有数の大企業。 博多にありながら国際的なプロジェクトも手がける総合商社で、ここに就職できたら親戚一同が「やったねぇ~!」と手放しでホメるくらいの企業だ。 しかし、もし私が金丸産業に勤めることになったら……と想像すると、すごく腰が引ける点がひとつある。

女子事務員の制服がショッキングピンクなところではない。

それ以上にもっとイヤなのが「めちゃくちゃ行事が多い」ということなのだ。 問題のソフトボール大会の前に、まずはその多さと中身の濃さについて紹介したいと思う。


ストライプのシャツにショッキングピンクのベストとスカートが金丸STYLE©うえやまとち/講談社

会社の創立30周年記念式典、忘年会、新年会、課ごとに行われるクリスマスパーティやお花見くらいならよくあることだが、連載開始当初、まだ昭和に片足を突っ込んだ金丸産業の行事の多さを甘くみてはいけない。

まずは社内運動会。

一日博多運動公園を貸し切り、社員だけでなくその家族まで参加するにぎわいぶりだ。工場課と営業課に分かれて対決し、みんなそれぞれ対抗心を燃やし、人によっては好きな異性との距離を縮めようとしたり、それぞれ楽しんでいるようだ。ノリは完全に高校生の運動会のような感じ。


荒岩の息子まことも参加©うえやまとち/講談社


恋のチャンスもあり©うえやまとち/講談社

荒岩の息子まことが来ているところを見ると、開催されているのは日曜日。せっかくの日曜がつぶれているのにみんな文句も言わずノリノリで参加している。

当時1986年、昭和の終わり。

大企業が勤めている人のみならずその家族も養っているという意識のあった時代はこういう感じだったのかな……と思わせるような社内行事である。

この翌日、ハリキリすぎた企業戦士たちは筋肉痛に苦しみながら通常業務に戻る羽目になるが、明日のことなど考えないのがバブルの時代の企業戦士なのかもしれない。


運動会なんてやめればいいのでは…などと思ってはいけない©うえやまとち/講談社

そのほかにもやはり工場資材課チームと荒岩の属する営業2課チームが火花を散らす「ボウリング大会」も土曜の業務終了後に開催(当時はまだ週休二日制導入前)されているし、「社内駅伝マラソン大会」は、各課から20代、30代、40代、50代の4人を選出し、会社の周りを1kmずつ走ってリレーするというもので、通常業務の昼休みに開催されるというなかなかのタフさだ。

50代を昼休みに走らせるって、けっこう過酷なのでは……。


「社内駅伝マラソン大会」で走る50代の大平課長。地獄か©うえやまとち/講談社

「プライベートは個人の自由を尊重してほしいよね……」といういかにも現代っ子な考え方の私にとっては、このような「地味にプライベートの時間が奪われる」イベントごとが多い社風は恐怖でしかなく、「こんな前時代的でダルい行事は一刻も早く撤廃すべし!」と思ってしまうのだけれど、金丸産業の社員たちのなかにそのようなことを思う人間は誰ひとりとしていない。

乗り気でない社員がいたとしてもこの「皆で楽しみましょうよ~」という空気に染め上げてしまうのだ。

前代未聞! 金丸産業のNo.1恐怖イベント「新入社員歓迎ソフトボール大会」!

そしてそのバブルのマッドネスと九州という酒豪を多く輩出する土地柄、金丸産業の体育会系マッチョ体質を煮込んでできたような最高にイカれたイベントが「新入社員歓迎ソフトボール大会」である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
クッキングパパの謎

澁谷玲子

開始から30週年を迎えた『週刊モーニング』の人気連載『クッキングパパ』。ガッチリとした体型としゃくれたアゴがトレードマークの無骨な九州男児・荒岩一味が織りなす、身近な素材を作って作った絶品料理の数々に、ヨダレを垂らしながら読んだ読者も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k_ksm 架空の世界とは知りつつ、こんなにもハートウォーミングな世界に想いを馳せる 4年弱前 replyretweetfavorite

moxcha ソフトボール以外あるような…。昭和を引きずる会社はまだまだあるからなぁ。 4年弱前 replyretweetfavorite