ムハンマド伝・監獄実験・時間術

お久しぶりの「新・山形月報!」は、『預言者ムハンマド伝』(岩波書店、1~4)、フィリップ・ジンバルドー『ルシファー・エフェクト』(海と月社)と『迷いの晴れる時間術』(ポプラ社)を中心とした書評です。ごっつい大著を山形さんはどう読んだのでしょうか?

ご無沙汰です。ここ数ヵ月、仕事が異様に忙しかったのと(あれこれ締め切りが重なったところへ、細切れの短期の出張がいっぱいあるという、最悪のパターン)、あと読む本が義務的な消化とはずればっかりだったので、書くネタに事欠いておりました。が、まあそれでいつまでも書かないのもどうかと思うし、イマイチだった本も含めてお蔵出ししておきましょうか。

中でも池内恵にだまされて(というのはアレだが)読んだ、『預言者ムハンマド伝』(岩波書店、1~4)。イスラム圏では常識以前の代物だけど、日本でイスラムについて聞いた風な口をきく人の多くは、この程度の基礎文献すら読んでいないという池内の批判は至極もっともだとは思ったし、その意味では読んでよかった。が、決しておもしろいものではない。


預言者ムハンマド伝(岩波書店)

ムハンマドが生まれる以前の話で、第1巻の半分くらいが使われ、生まれてから啓示を受けるまでもいろいろな徴を示して、その後啓示を受けて布教をはじめるんだけど総スカンを食らい、さらには自分の一族の伝統的な信仰を公然とけなしてまわり、一族内の穏健派が「そっちの信仰はまあ勝手だけど、他の人の信仰にケチつけてもめごと起こすのはやめようぜ」と諭しても聞く耳持たず、迫害されまくる。そして最初のうちは、言葉だけで布教して批判や迫害は無視しろというお告げに従っているんだけれど、ある時点で神様が暴力行使を正当化してくれて、その後はもうひたすら他界するまで戦いの日々。

そして読み物としては、異教徒にとってはむろんつまらないこと限りない。基本、預言者はこんなにすごい徴を持っていました、その教えを聞いて誰某はこのようにして改宗しました、別の誰某は、預言者をこのように虐げたら天罰があたりました、という話がひたすら続く。そして、文書としての主な関心は預言者自身の教えや言行より、だれが(そしてどの部族が)最初から信徒だったか、というイスラム教団内での序列構築のほうにある感じ。だから、イベントごとに延々と参加者名簿が続く。

ちなみにイスラムの世界では、何かの事実性というのは客観的な証拠や裏付け、という形で担保されるよりは、「その事件を実際に見たというA氏の話をB氏がきいてその人に会ったCさんがそれを聞きそれをさらに聞いたDさんが書き留めた」みたいな伝聞の連鎖があるかどうかでかなり決まるらしい。なもんで、だれがその場にいたかという記録はその意味でも重要ではある。が、その理屈は正直いってぼくたち異教徒どもにはさっぱり説得力がない。昔ここで紹介したテンプル騎士団の本でも、エルサレムに関するイスラム側の主張が一応紹介されているんだが「この話って、他の記録ではまったく裏付けがないし物証もないしその後の研究成果ともまるで一貫性がないし、でも連中はそれがまちがいないと主張するし、困ったもんだ」という苦言が述べられている(その主張の内容はまったく知る必要なし)。その途中の人の記憶ちがいとかウソとかないのかなー、と思うんだけど、そういうのは考えない。このムハンマド伝でも、話のバージョンがいくつかあると両論併記で「どっちが正しいかは神のみぞ知る」で終わってしまう。

当然、「おもしろいからぜひ読もう!」とは言えない。そもそも、図書館にもまずないし古本でもあまり出回っていないから、気軽に手に取れないのは残念。でも、これくらいでも読んでおくだけで、イスラム関連教養のレベルは日本でトップ1%には入れるようだし、挑戦者はぜひ!

今回もう一つ紹介しておきたかったのが、フィリップ・ジンバルドー『ルシファー・エフェクト』(海と月社)。これは有名なスタンフォード監獄実験についての本だ。スタンフォード監獄実験って何? うん、これは被験者をランダムに囚人役と看守役に割り振って模擬刑務所にぶちこみ、それぞれの行動がどう変わるかを実地に調べた、1971年の有名な実験だ。そしてほんの数日で、看守役はすさまじいサディストと化して囚人役の連中に虐待の限りを尽くすようになり、そのあまりのエスカレートぶりのために中止に追い込まれたといういわくつきのものなのだ。


ルシファー・エフェクト(海と月社)

もちろん、これは看守役が異常なサイコパスぞろいだったということではない。環境次第で人はなんでもする、それも無理強いせず自主的にやるようになる、ということを実証した実験として知られる。この本について、ぼくは完全に純粋な読者じゃない。実はこの本の翻訳権をめぐって海と月社以外のある出版社が応札し、翻訳権を取れたら訳してくれという依頼をそこから受けていたのだ。ぼくは、似たようなテーマを扱ったスタンレー・ミルグラム『服従の心理』(河出文庫)を訳しているから、このテーマに興味もあった。だから落選したときにはがっかりしたし、出たら翻訳の出来も含めチェックしてやろうといささか意地の悪いことも考えていた。で、今年の夏にそれが出版されたんだけれど…… ぶ、分厚い。なんという長さ。本全体で800ページ、厚さ5センチ! こんなすごい分量だったのか! 落ちてよかった! こんなのやっていたら、トマ・ピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)の翻訳なんかとても仕上げられなかっただろう。

そして肝心の中身なんだが、うーん。まず800ページのうち、前半300ページ以上はスタンフォード監獄実験そのものの説明。しかも、簡潔な解説じゃない。第1章であれこれ能書きを並べてから、その後はだれがどうして、そのとき囚人役のこいつがこう反抗し、それに対して看守役はこんなことをして、すると囚人は泣き出してしまい、でも看守役はそれをあざ笑って懲罰を命じあーだこーだ。細かい個別のできごとを1日ごとにこと細かに記述する。1日あたり、丸一章使っている。ドキュメンタリーとしてもかなり冗長だと思う。実は、これはもとの映像がYouTube で公開されているし、これをめぐるドキュメンタリー番組もネット上にあるし、さらに『es[エス]』をはじめ、これを脚色した映画もいくつかある。研究者でなければ、そういのを見ればおおむね用は足りるんじゃないか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nogisige スタンフォード監獄実験等に付き纏うバイアスの話が興味深い 3年以上前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着学問】 3年以上前 replyretweetfavorite

prisonerofroad #山形月報 #山形浩生 #book 3年以上前 replyretweetfavorite

agyrtria うーむ。年内のもう一本に期待w ⇒ 3年以上前 replyretweetfavorite