英雄の書

はあちゅう×黒川伊保子先生対談】

大変話題となっている「英雄の書」を発売した黒川伊保子さんと、カリスマブロガーで最近はメディアでの活躍も目覚ましいはあちゅうさんとの対談が実現しました。仕事観やお二人が本を書くに至るきっかけのほか、脳や身体によい生活習慣まで、様々なお話を伺うことができました。

独立するのも、企業で大きな仕事をするのも刺激的な働き方

黒川伊保子さん(以下黒川) はあちゅうさんが作家になったきっかけは?

はあちゅうさん(以下はあちゅう) 私は2歳から作家になりたいと思っていて、18歳でブログをきっかけに本を出してから、自己啓発本やその翻訳本など毎年1冊ずつ出しています。今は小説に取り組んでいて、来年発売予定です。

黒川 ずっと作家1本でやっているんですか?

はあちゅう 大学を卒業してから2社を経て、去年の今頃独立したので、作家と言えるようになってようやく1年たったところです。でも、本だけでは食べていけないので、オンラインでサロンを開いたり、メディアや広告に出演したりと、色々やっています。

黒川 はあちゅうさんは今29歳と伺ったんですけど、私が同じ歳のときは研究一筋で、食べて行くために何かをするなんて考えたこともなく、のほほんとしていたから、ただただ感心してしまいます。

はあちゅう 私に限らず、今の若い人の中には色々な働き方をしたがっていて、会社にこだわず、自分の仕事を作りたいと思っている人も多いように思います。会社の仕事が自分の仕事と思えないというか。

黒川 それは自分の名声にならないから?

はあちゅう 名声というより、自分の実績にならないとか、ただ時間を引き換えにしてるだけ、と感じているんじゃないでしょうか。

黒川 私は理系の研究職だったから、そういう風に感じたことはなかったかな。この分野は、大きな会社じゃないとできないこともあるんですよ。ロボット作りたくても一人じゃ作れないし、何百億円もの研究費がかかる研究もある。それは社会という大きな船に乗っていないとできないこともあるので。

はあちゅう 私の周りは文系の人が多いから、理系の方たちとは違うのかもしれませんね。

ペットロボットのコミニュケーションエンジンの研究で気づいたこと

黒川 私が独立するときは、大企業でないとできないことと、自由になることとのバーターでした。会社にいれば、自分で何もしなくても世界の最先端の研究が集まってくるし、私にとっては会社も刺激的な場所でしたけどね。

はあちゅう 黒川さんが独立されたきっかけは何ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
英雄の書

黒川伊保子

AI(人工知能)の研究を通して長年、人々の感性や嗜好・マーケットを分析してきた、脳科学者・黒川伊保子氏が語る、これから必要とされる人物像、「英雄」。なぜこれから「英雄」が必要とされるのか、「人生という冒険」の中で「英雄」になるために必...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

febedle 2015年12月15日少し古いですが 人気ブロガー はあちゅう  さんと英雄の書の著者 黒川伊保子さんの対談記事。 https://t.co/MmpM5Q0MYX 1年以上前 replyretweetfavorite

consaba 「自分が正しいかではなく、すべてが正しく終わることをゴールにしよう」はあちゅう+黒川伊保子 対談「今は、人の情緒をかきたてる人工知能はアンフェアだなって考えるようになりました。」 https://t.co/T1AMWyiyM6 2年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon https://t.co/FEIgUy1CRr 人間が最も覚醒する午前10時から正午までの間にダルかったり眠かったら、睡眠が足りていないか寝すぎているので、それを目安に調整。 午後2時から4時までの間に眠くなるのは健康な証拠です。 2年以上前 replyretweetfavorite