元・自殺志願者が遺品整理業に携わって感じたこと【『命の足あと』第2話・前編】

ひょんなことから「遺品整理業社」で働くことになった女性の目を通して、 遺品整理業に携わる人々の境遇や生き方、そして遺族と故人の想いがやさしく語られるヒューマンドラマ『命の足あと』。cakes特別連載の第三回目は「第2話・前編」をお届けします。遺品整理業の事務職として働くことになった森内。ある日、社長から現場に同行するように指示され向かった先は老人ホーム。ところがそこに遺族の姿は無く――。

生と死を見つめなおす人気シリーズ『命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~』の1~7巻は電子書籍サイトで好評発売中!


命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~(笠倉出版社)


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

遺品整理業の仕事を通して生と死を見つめなおすヒューマンドラマ漫画。

この連載について

初回を読む
命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~

みきさえ

自分や家族が死んだ時を考えたことはありますか――? レディースコミック雑誌『嫁と姑デラックス』で好評連載中の『命の足あと』(電子配信タイトル『命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~』)は、 ひょんなことから「遺品整理業社」で働く...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 いろいろ訳がある。 約4年前 replyretweetfavorite