FOK46—フォークオーケン46歳
【第11回】トリスタン諸島

ギター弾き語りツアー「FOK46(フォークオーケン46歳)」を始めた大槻ケンヂさんが、ギターを傍らに語る自伝的小説。40代半ばにして、小学校の友人ふたりを失ったオーケン。友人の死に接するたびに感じていたのは、「なぜ自分だけが生き残ってしまったのだろう」という思いでした。

 なぜ自分だけが生き残ってしまったのだろう。

 40代になってから、同世代の人が誰か亡くなると、必ずといっていい程にそう思うようになった。
 それは交遊のあった友人知人の場合でもそうだし、まったく面識の無い、遠い国の同世代の人であったとしても同じだ。
「彼がこの世を去り、自分は生き残った。そこに何か意味はあるのだろうか」
 てな、何やら哲学風味な、因果関係を求めようとするのは、多分に40代という年齢に起因するところがあるのではないかなと思う。

 50代以上となれば、死はおそらくリアルだ。
 10代20代にとっては幻想的であるし、30代ではもうひとつピンと来ない。
 その狭間にいる、メメントモリがプチリアルである40代は、死に接した時、そろそろ、死が意味するところの生を自分の中で価値として基準立てしようと試み始める。
 その想いが、時に他者のふいの死を、自己を中心に後々意味合いを帯びてくる事項として捉えようと無意識が試みるのだ。
 試みて、言葉となって「なぜ自分だけが生き残ってしまったのだろう」と口をついて発せられることとなるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
小説 FOK46—フォークオーケン46歳

大槻ケンヂ

30年以上音楽活動を続けてきた、ロックミュージシャンの大槻ケンヂ。楽器演奏と歌を歌うのを同時にできないという理由で、ボーカルに徹してきた彼が、2012年、ギターの弾き語りでのソロツアーを始めた。その名も『FOK46(フォークオーケン4...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント