ニューヨークのシェフが、ミシュラン星よりも恐れているもの

フランスではミシュランの星がなくなったために、自殺したシェフがいるくらいだそうです。でも、ニューヨークでは、ミシュラン星よりもシェフたちが気にしているものがあるそうです。

卒業祝いのためのレストラン探し

今年の5月、娘がニューヨーク市にある大学を卒業した。

アメリカでは、高校や大学の卒業式は家族が参加するほど重要なセレモニーであり、若いころニューヨークに住んでいた夫が「卒業ディナーのレストランは僕が探しておく」と張り切っていた。

ところが、卒業式が近づいてから夫が突然「忙しくて探している暇がない。君のほうが食べ物についてはうるさいから選択はまかせる」と言い出した。

「特別な催しだから高くてもいいよ」と許可をもらったのはうれしいが、人気のレストランは予約がすぐに埋まってしまう。ことに卒業シーズンは競争が激しい。 即座にEleven Madison Park、Jean-Georges、Le Bernardin、Per Seといったグルメの間で有名なレストランをチェックしたが、やはり希望の日はすべて満席だ。絶望しかけていたときに、ダメもとで確認したDanielに空席がみつかり、大急ぎで予約を取った。

Danielは、娘が高校生の頃に一緒に観た料理番組『Top Chef』にゲスト出演していたシェフDaniel Boulud(ダニエル・ブーラッド)のレストランだ。二人で「いつかDanielで食べたいねえ」と話し合っていたので、ぴったりの場所だ。トリップアドバイザーでもマンハッタンのレストランで一位にランクされているDanielなのに、空席があったのは奇跡みたいだった。

「Danielは去年ミシュラン星を1つ失ったから、その影響が出ているのかしら?」そんなことを語り合った。

「ミシュラン星なんかいらない」とシェフたちがいう理由

日本でも有名なミシュラン星だが、本家フランスではもっと深刻にとらえられている。2003年、フランスの天才シェフと名高いベルナール・ロワゾーは、ミシュラン星3つから星2に転落するという噂の最中に自殺した。ロワゾーは、友人だったダニエル・ブーラッドに、「星を失ったら、自殺する」と語っていたらしい 。彼の死後に発表されたミシュランガイドでは星3つを維持していたのだが、ロワゾーは噂だけで絶望するくらいミシュランの評価を恐れていたのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe 最近、ミシュラン星3つのシェフの自殺が話題になりましたが、ちょうど2ヶ月前にこんな記事を書いていたのでした> 4年以上前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着学問】 4年以上前 replyretweetfavorite

justintime8999 数字だけじゃ測れないですよ 4年以上前 replyretweetfavorite

ninaJaneway 何度もツイートするけどさ、私も2度とリッツカールトンに泊まるかよ!って思った。 4年以上前 replyretweetfavorite