—じゃあ、幸せですね、今はお互いに。」

洋子は東京へ滞在する間、ちょうど開催される蒔野のコンサートへ行くか迷っていた。
当日、見れるとも分からないまま会場へ向かった彼女が出会ったのは、あの女性だったー……。

 七月いっぱいを長崎で過ごすと、三人揃って、飛行機で東京に移動した。

 洋子の母は、横浜に住む友人に会いに行くらしかった。洋子とケンは、東京に更に二泊、滞在する予定だった。

「あなたたち、何をして過ごすの?」

 母は、空港で洋子に尋ねた。洋子は、一つには移動続きのケンの体調を心配して、その曖昧な三日間という余裕を設けていた。幸いにしてケンは元気で、もし洋子が、東京で誰かに会う予定でもあるのなら、その間、面倒を看てもいいと母は言っていた。

 洋子は、代々木の白寿ホールで開催される蒔野のコンサートに行くべきかどうかを迷っていた。彼の新しいデュオのツアーの記事を目にして以来、彼女はずっとそのことを考え続けてきた。

 当初は、全国八カ所で開催される予定だったが、好評のために更に四公演が追加となり、東京公演は八月二日となっていた。長崎から東京への移動は、その日に間に合うように飛行機の手配をした。

 既にチケットは完売で、当日券を求めて並ばなければならず、結局、聴くことは出来ないのかもしれなかった。

 一人のファンとして、会場で彼の音楽を楽しむだけならばと洋子は考えていた。終演後には、CDの即売サイン会も予定されている。それに並ぶべきかどうかは、演奏中に結論を出せば良い。昔の友人として、改めて、ただ彼がサインを書き終わるまでの一、二分、言葉を交わすことが出来れば、自分の過去も変わるのかもしれないと漠然と思っていた。

 洋子は勇を鼓して、とにかく、当日券だけは買いに行ってみようと、母にケンの子守を頼んだ。

 母は、娘の仔細ありげな様子を察して、特に訳も聞かず、

「行っておいで。ケンちゃんを独り占め出来てうれしいわ。」

 と頷いた。

 洋子は、早めにホテルを出る予定だったが、いざ夜までのケンの準備となると、思ったよりも時間がかかり、挙げ句に、置いて行かれると察知したケンが大泣きし始めてしまい、代々木八幡のコンサート会場に到着した時には、既に当日券の売り出し時刻を過ぎていた。

 この日も朝から強い日差しが照りつけていて、洋子は汗ばみながら、急いで当日券売り場に向かった。襟元の大きく開いたボーダーのシャツに、膝丈の白いコットンのスカートというカジュアルな格好だったが、メイクには時間をかけた。しばらく短くしていた髪は、また少し伸ばすつもりだった。

 窓口に並ぶ者の姿はなく、却って不安だったが、空席を確認すると、辛うじて二席残っていた。

「よかった! じゃあ、一枚ください。」

 ほっとしつつも、洋子は、蒔野との再会を俄かに現実として実感し、少し胸が苦しくなった。チケットには確かに、「蒔野聡史」という名前が印刷されている。

 チケットを財布にしまって窓口をあとにすると、洋子はすぐ後ろに、妊婦が一人立っているのに気がついた。当日券を求めにきたのだろうか? あと一枚は残っているはずだと、傍らを通り抜けようとしたところで、

—洋子さん?」

 と声を掛けられた。

 驚いて顔を上げ、一瞬、間があった後に、洋子の眸は張りつめた。

「蒔野です。」

 と、相手は名乗った。

「覚えてます?—以前に一度、サントリーホールでお目にかかりました。あの頃は、旧姓の三谷で蒔野聡史のマネージャーをしてました。二年半前に結婚したんです。」

 洋子は、声を失って、無意識に、もう一度彼女のお腹に目を遣った。

「六カ月なんです、今。やっと子宝に恵まれて。」

「そう、……おめでとうございます。男の子? 女の子?」

「女の子です。」

 早苗の笑顔を見ながら、洋子の脳裏には、あの晩のスペイン料理店の記憶が蘇ってきた。彼女と会ったのは、その一度きりだったが、勿論、忘れられない人だった。

「今日のコンサートのチケット、買ってくださったんですか?」

「ええ、……丁度、長崎の実家に帰省してて、コンサートの情報を見たから。」

「結婚されて、ニューヨークにお住まいだって、伺ってましたけど。」

「……ええ。」

「お子さんも一緒ですか?」

「今は、母が面倒見てくれています。」

「かわいいでしょうね! わたし、ハーフの子って、憧れがあるんです。あ、洋子さんもそうですよね?—じゃあ、幸せですね、今はお互いに。」

 洋子は、早苗の笑顔に、どことなく緊迫した、怯えたような気配を感じた。蒔野は、自分との関係を、彼女に話したことがあるだろうか?

「蒔野は今、リハーサル中なんです。」

「ああ、……そうでしょうね。」

「誰も通さないようにって、厳命されてまして。」

「もちろん、邪魔したくないから。」

「良かったら、お茶でもいかがですか? 久しぶりですし。」

 洋子は、戸惑いつつ、さすがに気が進まなかった。

「どうしようかしら、ちょっとこのあと、……」

「どうしても、洋子さんにお話ししたいことがあるんです。」

「……わたしに?」

 早苗は、頷いて微笑した。汗をかいて、薄いグレーのワンピースの襟元が染みになっている。街路樹から、蝉の鳴き声がしきりに聞こえていた。

 洋子は、腕時計を確認してから、

「じゃあ、少しだけ。」

 とそれに応じた。

 駅に向かう商店街の入口にスターバックスがあった。この暑さのせいか、平日の午後の割に店内は混み合っている。

 洋子と早苗は、どちらからというわけでもなく、二つ並んだレジでそれぞれに注文して一緒に席に着いた。

 洋子は、アイスコーヒーにした。早苗は、冷たいカフェラテの他に、クッキーやブラウニーを買っていて、どうぞというふうにテーブルの真ん中に差し出した。水も二人分、汲んできていたが、洋子はそれを礼を言って受け取りつつも、コーヒーの隣に並べてみて、やはり不自然な気づかいと感じた。

 向かい合って座ると、しばらく沈黙が続いた。

 目の前に、蒔野の子供を宿した女が一人座っている。洋子は、かつて自分が、どれほど強くそれを夢見ていたかを思い出した。そして、彼が結局は、別の女性を愛し、今も愛しているというだけでなく、自分自身の年齢的にも、それはもう、不可能な願いとなってしまったことを自覚した。時の流れを感じ、その辛さに耐えられなくなって、

「話って、何かしら?」

 と水を向けた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
マチネの終わりに

平野啓一郎

毎日新聞で3月1日より連載を開始した芥川賞作家・平野啓一郎氏の新連載『マチネの終わりに』が、cakesでもスタート! 『空白を満たしなさい』以来、三年ぶりの長篇となる本作のテーマは「恋愛」。文明と文化、喧噪と静寂、生と死、更には40代...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

corkagency それはもう、不可能な願いとなってしまったことを自覚した。時の流れを感じ、その辛さに耐えられなくなって…… #マチネの終わりに https://t.co/sdU5nwh8NI https://t.co/K9SleSbuEV 4年以上前 replyretweetfavorite