心のベストテン

​嵐はフェイク、星野源はリアルな「日本らしさ」で天下をとった

嵐と星野源、ふたりが2015年を代表するという2枚のアルバムは、実は同じ「日本らしさ」というテーマに挑んでいるそうです。 嵐は「スシ、ニンジャ、サムライ」的なフェイク、星野源は「ママチャリ、ウォシュレット、アイスコーヒー」的なリアルで歌う、視点の違いはどこから生まれてくるのでしょうか?
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

嵐と布袋寅泰が「サムライ」として共に戦った理由

大谷ノブ彦(以下、大谷) 嵐のニューアルバム『Japonism』、めちゃくちゃいいですよね。

柴那典(以下、柴) ほんとそうですね。たぶん今年最も売れたアルバムになると思うんですけれど、内容もほんと素晴らしい。楽曲のクオリティがとても高くて、しかもコンセプトが徹底されてる。

大谷 前の『THE DIGITALIAN』にはあんまり前のめりになれなかったんだけど、「これこれ! 聴きたかった嵐はこれだな」と思ったんですよね。今回のテーマが「原点回帰」と「日本らしさ」ということで、和楽器を使ったりした「和」のテイストがある一枚になっている。

 そうなんです。これ、『Japonism』というタイトルの通り、日本らしさというものがコンセプトになっているんですよね。で、今日話したいのは、実は星野源のニューアルバムの『YELLOW DANCER』も日本らしさがテーマになっている。

大谷 それはヤバい!

 で、今回は2015年を代表する2枚のアルバムが、実は同じテーマに真逆のやり方で挑んでいるという話をしようと思っていて。

大谷 どういうことですか?

 まず嵐の『Japonism』って、単に和風なんじゃなくて「外から見た日本」がコンセプトらしいんですよ。それもメンバー発案で決まったことらしい。

大谷 今回、リード曲の「心の空」を布袋寅泰さんが書き下ろしたじゃないですか。それもすごいですよね。見事なまでに和のテイストになっている。

 「心の空」は和太鼓を叩いて「We Are Samurai」って歌う、まさにコテコテの和風な一曲ですからね。そもそも嵐はSMAPと違って大物ミュージシャンを作曲に起用することが少ないのが特徴で。ここ数作は布袋さんが唯一と言っていい。

大谷 布袋さんはBOØWYで今に通じる日本のロックの礎を作ったわけですが、もともと和のセンスを持った人だと思うんですよ。60年代や70年代から、日本のロックの巨大なテーマはいかに海外コンプレックスから解き放たれるかということだったと思うんです。いかに海外のロックを日本の土壌に取り入れるか。はっぴいえんども、キャロルも、そういうことをやってきた。
 で、80年代にBOØWYが革命を起こしたのも、やっぱり布袋さんがそういう人だったからなんですよ。

 というと?

大谷 布袋さんって、洋楽的なエッセンスや発想を持った人なんですよね。デヴィッド・ボウイが憧れだった。イギリスのパンクやグラム・ロックをどうやったら日本でできるかを考えていた。
 でも、彼には一方で歌謡曲のルーツもあった。だからメロディセンスにも非常に大衆性があった。ギタリストでもあるけど、日本人の好きな歌モノのメロディを作る人なんです。

 ただ、日本のロックの礎と言っても、はっぴいえんどとBOØWYはかなり違うタイプですよね。一方は東京育ちで、一方は群馬から上京してきた。

大谷 そう。だからBOØWYはキャロルや矢沢永吉の系統なんです。氷室京介さんがまさに不良でヤンキーだった。キャロルに憧れてバンドを始めた。BOØWYって、メロディーの布袋とヤンキーの氷室っていう最強の二人の合体なんです。だから爆発的に売れた。
 GLAY のようなロックバンドがあれだけメガヒットするようになったのだってBOØWYが道を作ったからだし、ミスチルとかスピッツもBOØWYに似たコード進行の曲がある。そういう布袋さんが、今、嵐に曲を書いているというのがめちゃくちゃおもしろい。

 しかも今の布袋さんがすごいのは、それだけ成功しながら日本に安住しないで海外でまたイチからキャリアを始めていることなんですよね。特にここ最近は、3年前からロンドンに移住して、小さなライブハウスに出演したり地道な活動を積み重ねてきた。

大谷 ソロになってからインストで世界に進出したんですよね。『キル・ビル』の主題歌を書いたり。

 そうなんですよ。イギリスのライブハウスでやると、お前の『キル・ビル』のカバーよかったぜ、とか言われたりしながらやってるらしい。

大谷 あははは! つくった本人なのに。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

em1nalize 柴さんの言ってる「フェイク」と「リアル」の話のもとは大谷さんとの対談じゃなかったかな。https://t.co/lHOoptGL7s 4ヶ月前 replyretweetfavorite

bucocobucoco こちら、とても興味深いので、お時間ある時に読んでください♪♪ ↓↓↓ https://t.co/hJmXEupnLJ https://t.co/IZ7dEOba4X 7ヶ月前 replyretweetfavorite

baranchi10 #nowplaying SUN - 星野源 自然とスキップするわなこりゃ。 https://t.co/NcZF5FN7QD 約1年前 replyretweetfavorite

chinaHacca この記事読んだ時はまだアブラキサンの副作用に苦戦してて、あと2回越えたら手術だし、社会復帰とかも考えてて…Weekend にリンク貼ってくれてたの良かったなぁって思う。 音楽のチカラはスゴイよね。 https://t.co/WE10heyX0a 約1年前 replyretweetfavorite