お酒を飲まないひとのためのバー指南

外出中に晩ごはん何食べようと思った時、困ってしまったことがある方は少なくないと思います。飲食店はどこも夜になるとお酒を飲ませる店になってしまうので、お酒が飲めない、飲みたくない人にとってはお店探しも一苦労です。今回の林伸次さんのコラムは、そんなお酒飲まない派の人たちでも気軽にバーの雰囲気を味わう方法をご紹介します。

なんで飲食店は夜になるとお酒を強要するの?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。


以前、友人のデザイナーから「林くん、どうして日本の飲食店は夜になるとお酒を飲むことを強要するの? 俺、基本的に仕事は夜にするからできれば7時頃にはまだお酒は飲みたくないんだよね」と言われました。

そうなんですよね。日本の飲食店の夜の営業は、基本的にほとんどが「飲み屋」の顔をしています。お酒を注文する必要がないのはラーメン屋やお蕎麦屋、定食屋やファミレスだけでしょう。

さて、なぜ飲食店の夜が飲み屋の顔をしているかと言いますと「お酒を飲んでいただいた方が売り上げが良いから」です。

例えば日本の家庭の夕食は、ご飯と、お肉や魚を焼いたメインのおかずと、何か野菜と、お味噌汁ですよね。それを飲食店で提供すると1500円くらいしか頂けませんが、ご飯をやめてビールや焼酎を飲んでいただくと、お一人3000円は見込めます。

あるいは「ワインを飲まない方はお断りしています」というワインビストロってありますよね。あのお店は「お客様がワインを頼んでいただくのを前提」で原価計算をしているんです。お食事に大体お一人2~3000円を使っていただいて、ワインにお一人3000円くらい使っていただいて、という風に計算しています。ですので、満席でも、もし半分の方がペリエかオレンジ・ジュースだと、売り上げが30万円見込めるところが、20万円くらいまで落ちてしいます。それだと赤字で経営が続けられないという計算でお店をされているわけです。

—ここまで読まれて、多くの方がイヤな気持ちになったのではないでしょうか。でも普通の企業も利潤を追求するために、より大口の企業との取引を求めますよね。飲食業もやはり事業者なので、利潤を追求してしまいます。「一時間半制でお願いします」とか「お一人必ずワンドリンクとお料理をご注文願います」とかも全部そういう利潤追求の結果なんです。

さて、僕はバーテンダーをしながらcakesとかで「お酒を飲むのって良いものですね」とよく書いているので、「お酒を飲めないのですが、バーの雰囲気は好きです。行きつけのバーを持ってみたり、恋人を誘って行ったりしたいのですが、どうすれば良いでしょうか?」というメールなどをよく頂きます。

というわけで今回は「お酒を飲まない人のためのバー指南」です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

iwayadai お酒は苦手だけどバーのカウンターに座る姿に憧れる。よく聞く話だけど、そんな人はご一読を。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ugetsujiro なるほど・・・これでレストランやバーの「中の人」の気持ちがわかる。飲めない人をバーにお連れしたとしても、ノンアルコールカクテルを頼めばいいんですね。 3年弱前 replyretweetfavorite

yukiozawa 下戸の人はバーに行っていいのか?お店サイドの考察です 3年弱前 replyretweetfavorite

bar_bossa 昨日のcakes記事が全然読まれてないですhttps://t.co/jNzFDjtjCo「お酒を飲まない」というテーマってみんな気にしていると思ったのに、そうでもないんですね。こういう読まれる読まれないって本当にいつまでたってもわからないです。というわけで今日もお店で待ってます♪ 3年弱前 replyretweetfavorite