それでも僕は、外科医をやめない

医者が風邪を引いても薬なんて飲まない話

今回は外科医である雨月氏が風邪の話をします。門外漢と思いきや、風邪に専門医はいないそうです。誰にでもわかるように医学の話を書くことは案外難しく、雨月氏は、今回の原稿が面白いかどうか気になっているようです。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

秋も深まり、ずいぶんと冷え込んできました。風邪を引かれたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。なんと私も久しぶりに風邪を引いてしまいました。

ですから今回は、「医者が風邪を引いたらどうやって治すのか」について書くことに致しましょう。たまには医者らしいことも書かないとね。遠くに住む妹が先日「医学の話はツマラン、こじらせ話だけ書いてよ」と滅多にこないLINEを送ってきたことは、もう忘れます。

結論を急げば、

<風邪になった時の対処法>

1、 仕事や学校を休めるなら必ず休む。薬は何も飲まないか、消炎鎮痛剤(ロキソニン等)のみ

2、 休めない時は、熱があったら消炎鎮痛剤(ロキソニン等)を飲み粘る

です。

ちなみに私の専門は外科です。外科医という仕事は主に、「どうしても薬で治せず、身体を切って悪いところを切除しなければほっといたら死んじゃう病気」を対象にしか仕事をしませんから、風邪は専門外です。

ところが風邪を専門にしている医者というのは存在しません。何科のドクターでも(きっと心を診る専門家の精神科のドクターであっても)みなほぼ同じように治療が出来る疾患です。

そして、風邪を引いても私はほとんど薬を飲みません。意味がないからです

医者によっては、お茶碗いっぱいくらい飲むドクターも居るんですよねえ。不思議とこのあたりは極端に分かれます。

さて、私はなぜ風邪を引いても薬を飲まないのか。説明するために、まず風邪という疾患の説明をごく簡単にしましょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo 整骨院でもたまに聞かれます。風邪の治しか方を。先生の仰っている事とほぼ同じなので安心しております。 3年以上前 replyretweetfavorite

tomoq11 息子がひどいお腹の風邪でアメリカの病院にいったとき。1時間待たされたうえ処方されたのは「バケツ」とスポーツドリンクだったのを思い出した。 3年以上前 replyretweetfavorite

tosisphilosophy 近藤理医師への批判をする者は、彼を攻撃し金儲けしようとしているのではないのならこういった記事にも平等に批判をしましょうね 4年弱前 replyretweetfavorite

zunzun428 雨月先生51話も書いてるのか!ほぼ一年! 4年弱前 replyretweetfavorite