気持ちいい働き方

明日は今日よりも良い日になる。そんな気持ちで働けたら、きっと仕事はもっと楽しくなる。毎日が同じ事の繰り返しで、働く意味を考えてしまう現代。働く意味なんて考えない働き方こそ、理想の働き方と言えるんじゃないだろうか。この小説は、ひとりの崖っぷちOLがビジネスの現場で実際に考え学んだことを実践していく新感覚のビジネス小説です。


坂井の尽力により、旧営業部員全員の再就職は見事うまくいった。そして、再就職先はなんとあのサムバルンだった。

給料はDNS当時の1.5倍という好条件もつかみとった。

「僕はいまだによくわからないんですよ。なんで、サムバルンはあんな条件を飲んだのかって」

本日3つ目。大好物の唐揚げに手を伸ばしながら草加が言った。

「それは簡単ですよ。給料1.5倍出しても充分リーズナブルだったんです」

「だって、僕らがもしあのままDNSに残って買収されていたら、給料は下がりこそすれ、上がることはなかったわけでしょう……。本当に坂井さんはすごいですよ」

唐揚げで口がいっぱいの草加に代わって村中が言う。

「違います。あなたたちにその価値があったんです。DNSの半導体部門は年間の50億の売上が本来ならあるんですよ。でもサムバルンがDNSを買収して4ヵ月たった時点で、その20%にも到達していませんでした」

そうだったんだ。美沙は坂井の口から放たれた数字に驚きつつも納得がいった。

「だから、あなた方の給与条件を飲ませるのは、そんなに難しくはありませんでしたよ」

「でも、それまで半年間私たちの給料は坂井さんの自腹から出ていたんですよね?」

ずっと沈黙でやり取りを聞いていた三上がはじめて口を開いた。

「まあ、でもそれはすでに回収できていますよ。サムバルンからあなた方の年棒分の40%は手数料としていただいていますから」

「ま、まじっすか……」

4つ目の唐揚げを口に運ぼうと俯いていた草加は思わず顔をあげ口にした。唐揚げが見事に箸からすべり落ちる。

「はい、まじですよ」

「とはいえ、坂井さんはどうして僕たちのことをここまで面倒見てくれたんですか? うまくいったからよかったものの、ひょっとしたら僕らの給料分、大赤字だったかもしれないんでしょう」

今度は上杉が坂井に詰め寄る。

すると坂井は大きく一呼吸し前を見据えた。その様子にただならぬ何かを感じた営業陣の姿勢は言わずもがな正された。視線が一点に集中すると静かに坂井が口を開いた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

__comfort__ 毎週楽しみにしていたのに今日で最終回となってしまい残念。 第2弾があるといいけど、こういう仕事のやりがい・モチベーションがテーマの物語では難しいかな。 4年以上前 replyretweetfavorite

3839Ay 『仕事は夢中になってやっているうちに、それが天職になっている。仕事が面白いかどうかは関係ない。仕事を面白がれる人間になれ』懸命に目の前の仕事をやってみた。次第に仕事の面白さ、やりがい、修正点を見つけてまた一所懸命仕事をする繰り返し。 https://t.co/tJJXPYWcqU 4年以上前 replyretweetfavorite

asakusabashinv この連載面白かったな > 4年以上前 replyretweetfavorite

chiponyo 公開されました!|[今なら無料!]キラキラワードに騙されるな! 私たちはやる気をなくす言葉に囲まれている 4年以上前 replyretweetfavorite