アンドロイド」と「サイボーグ」の違い—人間は脳だけになれるか vol.1

フィクションでよく目にする「サイボーグ」という言葉。今回、海猫沢めろんさんが取材したのは、「BMI(ブレインマシンインターフェース)」。文字通り、脳波で義手や義足を動かす技術で、まさにサイボーグを実現するものといえます。しかし、一方で、BMIは必ずしも「人間の機械化」を指向するものではないということが、研究者・西村幸男さんと話すうちに明らかになり……。脳だけになりたい、という海猫沢さんの期待はかなうのでしょうか?

「人間の機械化」「機械の人間化」という、2つの進化の交点を探るこのルポもついに六回目ということで、そろそろクライマックスに近づいてきました。前回の取材では矢野和男さんに会いに行き、著書『データの見えざる手』に描かれた、人間のメカニズムを計算で探る「人間の機械化」の方向を見てみましたが、今回も引き続き同じ方向で、「サイボーグ技術」についての取材をすることにしました。

「アンドロイド」とよく混同される「サイボーグ」ですが、アンドロイドは人間そっくりの機械であり、サイボーグは人体の一部を機械に変えた存在なのでこれらはまったく逆のものです(鉄腕アトムと009の違いです)。 この定義にあてはめると義手や義足、車椅子の人もサイボーグと言えなくはないわけです。

そして、このサイボーグ研究の最前線で進んでいるのが、義手や義足を脳波で動かすという研究「BMI(ブレインマシンインターフェース)」というものです。 これまでの義手や義足などは、切断面の筋肉の電流、筋電を取ってきてそれを増幅して動かすという形でしたが、BMIは文字通り脳波で義手や義足を動かす技術です。

有名なのは2014年のワールドカップ開会式で、下半身麻痺の患者さんが機械を使ってキックオフした場面でしょう。 実は今回のぼくの取材はこの場面を見たときに感じた、とある疑問から始まっています。 その疑問とはなにか……これは後ほど説明することにしましょう。

取材に応じてくれたのは西村幸男さん。これまで取材したなかで最も若い、43歳の研究者です。 西村さんはBMI業界のなかでも少し変わった方向を向いています。 人間の「元気」や「やる気」がリハビリテーションによる運動機能回復と関連することを脳科学的に証明したり、傷ついた脊髄を人工的につないで手を自在に動かす「人工神経接続」技術を開発したり……。 ぼくにとってBMIというのはまさにサイボーグを実現する技術である、という認識でしたが……彼によって、早々にこの認識が覆されることになってしまうのです。

では、インタビューの模様を。

サイボーグとBMI

— 2005年にNHKスペシャルで「立花隆 最前線報告 サイボーグ技術が人類を変える」という番組が放送されて、あの頃にかなりサイボーグが話題になった記憶があるんです。翌年に続編的な立ち位置で、『立花隆が探るサイボーグの衝撃』という番組も作られて、その頃にはサイボーグは現実のものになっていました。

西村 山海嘉之先生とか川人光男先生が出ていた番組ですよね。

— そうです。映画監督の押井守とも対談されていました。つまり、十年前から今のようなサイボーグ技術のインフラは整っていたと思うんです。じゃあ当時に比べると今はどのくらい進んでいるんだろうかと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
“すこしふしぎ”な科学ルポ

海猫沢めろん

漫画家・藤子不二雄氏はかつて、SFを「すこし・ふしぎ」の略だと言いました。そして現在。臨機応変に受け答えするSiri、人間と互角以上の勝負を展開する将棋ソフト、歌うバーチャルアイドル初音ミク、若い女性にしか見えないヒューマノイド……世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MinamiYoshifumi 人間は「身体性」から自由になれるのかという問題はずっと存在しているんだけど、 5年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa 東野圭吾さんの新刊「人魚の眠る家」に、はやくもこのBMI技術がとりいれられていた。さすがだ。| #life954 5年弱前 replyretweetfavorite

consaba 西村幸男さん「ぼくは脳だけになりたい」  #life954 #genroncafe 5年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa 科学ルポ新章!今回は人の動きを取り戻す技術。そろそろクライマックスです。/ 5年弱前 replyretweetfavorite