同性愛者はひっそりやってくれればいい」論によせて

すべての都道府県に住む男女を対象にしたLGBT意識調査が行われました。同性同士の結婚には賛成するものの、友人が同性愛者であることには抵抗がある、という結果に、牧村さんは「良い意味と悪い意味の両方でヤバさを感じる」と言います。この意識調査から見えてくる、日本社会の空気とは?

日曜の半蔵門線はガラガラだった。

私は渋谷へ向かう列車に、ドアへ 寄りかかってぼーっと乗っていた。「とぅぎわー、ぬぁーたちょー、ぬぁーたちょー、です」という鼻声アナウンスを、ああ次は永田町なのか、と理解するまでに50秒くらいかかった。東京はいそがしい。そうしている間にもう、次の駅にさしかかってしまう。

そしてそういういそがしさこそが何より私をぼーっとさせる。乗り過ごさないよう、読書もソシャゲもせずに、私はドアのすぐそばで手すりにつかまって、車内ビジョンを眺めていた。口、半開きで。ドアの上の小さい画面には、なんとか共済がどうの、どこそこ証券がなんのと、よくわからないニュースが流れていた。画面が灰色に見えた。

ふと、液晶画面が虹色になった。

晴れやかな顔で歩く人たちが、虹色の旗を振っている。車内ビジョンは無音だけれど、なんだか音楽が聞こえてくるようだった。そこに流れたテロップは、たしかこんなふうだったと思う。

「LGBT意識調査 過半数が同性婚賛成も、抵抗感根強く」

わぁお、と思っている間に、ニュースは次の話題に移った。若年層でエイズ死者が激増、みたいな話だった。

かつて人類がエイズの原因を知らなかったころ、エイズが「ゲイの癌(gay cancer)」と呼ばれて同性愛者のせいにされたことを思うと、このニュースの並びにはやや作為的なものを感じなくもなかったけど、考える間もなく列車は駅にすべりこむ。

私は周りをちょっと見た。私と同じように口をぽかんとしてニュースを見ている人が何人かいた。渋谷に着き、ぽかん、の人たちは急に、ちょっと殺気立ちつつ殺気立ってませんよ風の無表情になってぞろぞろと電車を降りていく。

みんな何を考えていたんだろうか。私は何を考えていたんだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

484614449 https://t.co/3dl9hG4sXT 2年以上前 replyretweetfavorite

tokyomikeyland あ!まちがいた!こっちだ! https://t.co/B1IgHtMlDc 2年以上前 replyretweetfavorite

lo_saka “ 人の多いところは、人の流れに乗らないと歩きにくい。” という一文に惹かれた 2年以上前 replyretweetfavorite

Fourhouseorz 「もう「思い込みだよ~」「被害妄想だよ~」「日本は寛容だよ~」で片づけることはできないのだ」 2年以上前 replyretweetfavorite