第3回】米GEが取り払う「9ブロック」評価

日系企業の人事関係者がこぞってお手本にしてきた米ゼネラル・エレクトリック(GE)の人事制度。「セッションC」と呼ばれる後継者の育成・配置のための人材評価の仕組みの中で、「9(ナイン)ブロック」が評価ツールとして活用されている。

 日系企業の人事関係者がこぞってお手本にしてきた米ゼネラル・エレクトリック(GE)の人事制度。「セッションC」と呼ばれる後継者の育成・配置のための人材評価の仕組みの中で、「9(ナイン)ブロック」が評価ツールとして活用されている。業績とバリューの2軸のレベルをそれぞれ3段階に分けた9ブロックの中で従業員を順位付けしていく、というものだ。右上の最高評価「ベスト」に当てはまる従業員は、総数のわずか5%程度にすぎず、「優秀」「組織の屋台骨」「要改善」に大部分が集中していた。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
新・人事部の掟 旧来型人事をぶち壊せ

週刊ダイヤモンド

もはや、人事権を振りかざすだけの“人事屋”に存在意義はなくなった。ニッポンの人事部はどこへ向かうべきなのか。その道の達人たちに、人事部が果たすべき役割について聞いた。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません