第1回】百戦錬磨のプロが伝授する 活力を生み出す組織のつくり方

米ゼネラル・エレクトリック(GE)仕込みの“人事術”でLIXILグループを改革する八木洋介副社長が、組織を活性化させる「人事のプロ」の在り方を伝授する。

──人事部の役割は、どのように変容していったのでしょうか。

 高度経済成長時代はどの企業も目指す方向が同じだったので、人事部の役割は効率よく人を管理することでした。ところが今は低成長かつ変化の激しい時代。グローバルでの、臨機応変な対応力が求められている。そこで差別化できるのが人材です。人の活力をどう引き出すのか、が人事部の最も重要な役割になっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

新・人事部の掟 旧来型人事をぶち壊せ

週刊ダイヤモンド

もはや、人事権を振りかざすだけの“人事屋”に存在意義はなくなった。ニッポンの人事部はどこへ向かうべきなのか。その道の達人たちに、人事部が果たすべき役割について聞いた。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません