フィリピンあるある」オンパレード

フィリピンでは、日本やアメリカの常識はおいそれと通用しない。頭ではわかっていたが、連続して直面すると、何が正しいことなのか、なんだかわからなくなってくる。そんな数々の「フィリピンあるある」を紹介しよう。

 開校準備はまあ順調と言っていいペースで進んでいたが、次から次へと日本では考えられないことが起き続けて、何が「当たり前」なのかわからなくなってきていた。日本やアメリカのように物事が進むべきだと思う俺がおかしいのか、それとも、フィリピンでの様々な不思議な出来事が当たり前なのか……。

 例えば、オフィスの内装工事もその一例だった。前のテナントの撤収に時間がかかったのも「フィリピンあるある」だし、そのあとのエアコンのダクトを買い取れ、と揉めたのも日本では、ちょっと考えられなかった。すでに当初の予定を1ヶ月以上軽くオーバーしているが、まだまだ終わる気配はなかった。これも「フィリピンあるあるか……」と自分を納得させそうになってしまうが、でもよく考えたらこの業者は日本人オーナーなわけで、なんだかどうも釈然としない。床の養生もせずに、ペンキとか塗りまくっている。これは当たり前なんだろうか?

 工事は終わっておらず、工事中のオフィスはホコリだらけだったが、外のレンタルオフィスも安くもないので、僕らは完成したオフィスの一角を使い始めた。ネットはポケットWIFIといった具合で、作業がはかどらない。しかも、まだ作業員が出入りしている上に鍵がかかる部屋もないので、帰るときには全てを撤収して持って帰らなければならなかった。

果たしてネットは引けるのか?
 そろそろインターネットを引きたいと思い、僕は幾つかのネット回線業者と交渉を始めた。唖然としたのが光回線の値段で、なんと月20万円くらいするのだ。一体どういう値段設定なのか……。ちょっと規模のコールセンターやオンライン英会話スクールは、ネットに100万を軽く使っているらしい。また、光回線自体も不安定なので、別々の会社から2本引き、冗長化を図るのが普通らしいのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィリピンで起業しました

松井博

2015年6月6日、フィリピンのセブ島にて英語学校を開校しました。起業への思いや、設立までの「フィリピンあるある」などなど、思い立ってから9ヶ月間の足取りを綴っていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ksudie こんなにも、一つ一つのステップが大変だったとは‼︎ まじ尊敬っす。次の記事読むのが楽しみ。ん⁉︎ 俺も頑張らないと‼️ 約3年前 replyretweetfavorite

Matsuhiro フィリピン初心者だった頃に遭遇した 約3年前 replyretweetfavorite