横浜に現れた異界の裂け目—鴻池朋子展「根源的暴力」

人間や自然そのものの存在を揺るがすようなアートって想像がつきますか。鴻池朋子さんは、2009年の個展以降、国内外を問わず高い評価を得ながら幅広い活動を続けている作家です。そんな鴻池さんの展示はその名も「根源的暴力」。アートコンシェルジュの山内さんは、まるで異界が立ち現われているようだと言います。すこしのぞいてみましょう。

いま横浜に、異界が現れています。

大げさではなく、足を踏み入れただけでほんとうに、ここではない違うどこかへ連れ去られてしまう。そんな体験を味わえる展覧会が、山下公園に面した神奈川県民ホールギャラリーで開催されています。鴻池朋子展「根源的暴力」です。

ほどよく年季の入った建物地下に広がる会場へ入っていくと、ナメクジのお化けでしょうか、巨大な軟体生物のオブジェが出迎えてくれます。脇をすり抜け進むと、展示空間一面に並べられた無数の造形物の群れに出逢います。ウミウシやイソメ、アメーバのような原始的な生きものにどこか似ているけれど、そういった実在のものを真似てつくられたものではなさそう。

何かもっと、つくり手の内面の混沌とした部分が、外部に吐き出されてそのままかたちを成したものという気がしてきます。土をこねて素焼きにし、淡い色を付けただけの造形物なのに、対面していると、一つひとつが「ああどれも、生命の素だ」といった感に襲われます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reading_photo 【News】cakes アップしております。アート・コンシェルジュからの便りにて、 #cakes 3年以上前 replyretweetfavorite