あとのことは知らんよ「グリーン・インフェルノ」なんとなくエロい

江波さんがずーっと、ずーっと、ずーっと観たいとおっしゃっていたので実現しました。担当編集者は「マイ・インターン」がいいと主張したのですが(アン・ハサウェイ大好き)却下されました。なお「グリーン・インフェルノ」の展開に触れています。ご了承ください。

■担当編集と趣味が合わない

「グリーン・インフェルノ」を変則的な形で見ました。

 試写会は終わっていたのですが、返却前提の広報用(? よく知りませんが)らしきDVDをお借りする事が出来たのです! 滅茶苦茶見たかったのです。確かこの謎コーナー始めた時から(担当編集が)次は何にしますかって言われてグリーンインフェルノって答えてた気がする。 (担当編集が)どんな話なんですかって言うから「意識高い系の大学生が自然を守れ運動みたいなのに参加したら飛行機が墜落して人食い族の村にさらわれちゃうんですよ。プロモの冒頭で主人公の親父が「くだらねー事すんな」みたいに言いながらモリモリ肉食ってるシーンが挿入されてメッチャ楽しみ、「グリーン・インフェルノ」最高ー!」って説明しようとしましたが、人食いって言った時点で(担当編集に)却下されました。それでもまだ粘った末、このような結果に至りました。 ありがとうございます。

 大体あらすじは上記の通りです。パンフレットも送っていただいたので読んでたんですが、まあ「ホステル」の頃のノリを濃厚に宿したイーライ・ロス作品でした。完全に「食人族」リメイク。というかフォロワー? というかただのファン作品。

■問題てんこ盛りの度胸

「食人族」っていうしょうもない映画があったんですけど、もう女の人がケツから口まで杭で打ち抜かれて磔みたいになってる衝撃のポスター、人生で一度や二度、皆さんも見た覚えがあると思います。ないという人は人生を損しているので検索して下さい。 まああれは所謂疑似ドキュメントなんですが。最後、一応オチもつけてるし。この「グリーン・インフェルノ」は完全創作という体で、今時、ジャングルの奥地に住む人食い村をメインにするという度胸とセンス。

 昨今、ポリティカル何とかとかで「完全に恐怖しかない悪役」なんてそうそう、現実に当てはめられないじゃないですか。冷戦時代じゃないんですから。地上最強のアメリカ軍も戦う相手がゾンビと宇宙人になっちゃう昨今ですよ。この「グリーン・インフェルノ」だってゾンビにしてたらなーんも問題ないのに、問題全部載せ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
江波光則映画レビュー

江波光則

6月下旬に終末SF『我もまたアルカディアにあり』を刊行した江波光則氏。 もともと映画がお好きな江波氏に、「終末」つながりで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見た感想をまとめていただきました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nobyta_ 昨日あたりグリーンインフェルノのことつぶやいてたが、更新してみたらこっちもそのネタだった。相変わらず語り口が楽しい江波氏の映画レビュー 約4年前 replyretweetfavorite

hykw_SF 担当編集者(アン・ハサウェイ好き)は『マイ・インターン』がいいと主張したそうなのですが、なぜこうなった。> 約4年前 replyretweetfavorite

arawish  "マリファナ大量に焚いて食人族がゆらゆら帝国"というフレーズがつぼった。 約4年前 replyretweetfavorite

isoparametric7 江波光則さんの映画レビュー、更新しました! 約4年前 replyretweetfavorite