第5回】人事部は社長への登竜門 目立つ銀行、運輸、素材企業

伝統的な日本企業では「人事部は出世への登竜門」といわれる。出世の最終ゴールである社長が、人事部出身かどうかに焦点を当てたところ、企業の共通項が見えた。

 人事部出身者はどこまで偉くなれるのか──。出世の最終ゴールとなる社長あるいは代表権を持つ会長に、人事部出身者がどれくらいいるのか調べてみたところ、主に銀行、運輸、素材企業に多いことが分かった。


 銀行は、癒着防止のため数年置きの異動・転勤がつきもの。そのため人事部が行員の個人情報を詳細に把握し、強固な人事権を持つ。組織運営は全て、人事で動かしてきたといっても過言ではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ニッポンの人事部“解体新書” なぜ理不尽がまかり通るのか

週刊ダイヤモンド

人事部の評判は、すこぶる悪い。模範となるべき人事部が、時に他部門の足を引っ張り、反感を買っている実態が浮かび上がってきた。批判は期待の裏返しともいえるが、果たして人事部は会社の要たり得るのか?

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません